Topへ戻る

INFORMATION NEWS/お得情報

HOME // NEWS/お得情報 // ◆欧米留学の半額で2倍の効果?!【セブ島留学費用】

CATEGORY


セブ島現地情報 セブ島語学学校-詳細

◆欧米留学の半額で2倍の効果?!【セブ島留学費用】

セブ島留学は格安という話をよく聞くかと思います。本当に格安なのでしょうか、また費用だけがメリットなのでしょうか?イギリス・アメリカやカナダ・オーストラリア・ニュージーランド、さらに最近では地中海のマルタに行く方も増えています。

それぞれの国に語学留学する場合とセブ島留学の費用、さらにその他環境や学習方法などの違いも含めて総合的に比較してご自分に合うかぜひ確認してみてください。

目次

セブ島留学費用は本当に安いの?効果はあるの?

ここ数年、短期留学先として人気が上昇しているセブ島留学!でもフィリピンへの先入観がある方やお父さん・お母さんからは、

『リゾートで遊んじゃうんじゃない?』
『英語は訛ってるのでは?』
『安いけど英語教育の質が本当にいいの?』

などなど....「フィリピンで英語の留学」と聞くとまだそのようなイメージを持っている方もいるかと思います。

でも実際には、

平日は、どの国よりもスパルタ授業マンツーマン中心
土日は自由時間なので、リゾート満喫も可能!
講師陣は英語教育のトレーニングを継続的に受けている為、世界的な標準英語で学べる!ある意味イギリスやオーストラリアの訛りよりも標準!
セブ島留学費用は、授業・宿泊・食事込みで1週間あたり約5万円
で概ね計算できます。(航空券・海外保険別途)

というのがセブ島英語学校のざっくりとした費用感です。セブ島にはもっと安い料金で授業を提供している学校もありますが、100校ほどあるセブ島の語学学校のなかで、グローバルクリックが過去5年間毎年の視察を経て選んだ実績校ベスト15校はの費用は概ね1週間5万円計算です。(1週間だけだと少し割高になります。)

また、Global Clickが提携しているセブ島語学学校の実績ベスト15校は、リーズナブルな費用だけでなく、英語学習内容や施設も欧米よりも充実している面が多く、週末はリゾートも満喫できるなど費用以外のおすすめポイントが特徴です。

まずはセブ島留学おすすめポイントである料金体系について、以下にわかりやすく解説します!

セブ島留学費用・料金体系はどうなっているのか?

セブ島実績校 I.Breeze

上の写真は、セブ市内中心部の閑静な地域にある実績語学学校のI.Breezeという学校の写真です。
グローバルクリックが提携している語学学校は、このように授業を行う校舎と宿泊する寮、さらにプールやジムなどの運動施設などが一体となっているキャンパス型の学校が特徴です。
平日は英語学習に集中して、食事やリフレッシュも校内でできる環境となっています。

さて、このように授業・宿泊・食事・スポーツなどの施設が一体となったキャンパス型が特徴の語学学校の費用ですが、一般的にかかる費用は『1週間あたり約50,000円』で概ね計算できます。

この基本料金は、授業料だけの話ではなく、

① 1回45分もしくは50分で1日8~10コマの授業(うち半分はマンツーマン授業
② 学校施設内にある寮の宿泊費用
1日3食食べ放題!バイキング方式の食事
④ スポーツジムやWifiなどの施設使用料金

が含まれた料金です。

またセブ島語学学校はどのも1週間単位の受け入れで、日曜到着・月曜スタート、金曜卒業・土曜日帰国のパターンは基準となっています。1ヶ月の場合は4週間、2ヶ月の場合は8週間が基準となります。1週間単位でお申込みできますので、2週間、7週間、18週間など、フレキシブルにスケジュールを決められるのも特徴です。

1ヶ月(4週間)の場合、ざっくりと計算する場合は1週間5万円x4週間=20万円。これをお申込み後に日本でお支払いとなります。その他費用としては、現地に行ってから支払う寮の保証金や光熱費、航空券・海外保険費用などです。まとめると下記になります。

【セブ島留学の費用】
1.日本で支払う『授業料・宿泊費・食事・施設費用』のパッケージ費用(1週間あたり約5万円として4週間で約20万円)
2.現地到着後に支払う『寮保証金・光熱費等の諸経費』(1ヶ月で約2万円ほど)
3.航空券・海外保険(直行便往復で5万円から8万円前後、乗り継ぎ便往復で3.5万円から5万円前後)
合計1ヶ月で25万円から30万円ほど、8週間で40万円から45万円、12週間で65万円から70万円ほどとなります。

極端に格安ではないかもしれませんが、実績校で環境も内容もセブ島上位校を狙う場合はこのくらいが相場となります。

【他の国の比較例:4週間で比較】

アメリカ西海岸に夏休みに語学留学の場合の費用例
・学費+滞在費 約40万円
・航空券 約15万円
・保険ほか諸経費 約5万円
合計約60万円(セブ島25~30万円)
:1週間のレッスン数目安30コマ(セブ島40~50コマ)

オーストラリアに夏休みに語学留学の場合の費用例
・学費+滞在費 約30万円
・航空券 約12万円
・保険ほか諸経費 約3万円
合計約45万円(セブ島25~30万円)
:1週間のレッスン数目安35コマ(セブ島40~50コマ)

イギリスに夏休みに語学留学の場合の費用例
・学費+滞在費 約35万円
・航空券 約14万円
・保険ほか諸経費 約4万円
合計約53万円(セブ島25~30万円)
:1週間のレッスン数目安30コマ(セブ島40~50コマ)

※主な費用は弊社調べ。

◆実際の費用を確認:実績校 I. Breeze校の期間費用例

では、セブ島の実績校で、施設もセブ島語学学校の中でトップクラスの2020年のI. Breezeの実際の料金をいくつかの期間別にみてみましょう!
(実際には期間以外にも、寮の人数・英語コースによっても料金がある程度変動します。)

※セブ島語学学校の中には、料金がドル表示の学校も多いので為替の変動も実際の支払い時には影響があります。ここでは1ドル110円で計算しています。

【 I. Breeze校の最もおすすめで人気のあるPower ESLコース(2人部屋)の実際の料金例】

◆ その①【基本料金】
・4週間 $1,710(188,100円)
・8週間 $3,420(376,200円)
・12週間 $5,150(566,500円)
※これに入学金$120(13,200円)がかかります。

含まれるもの:
・1日9コマの授業
(平日1日あたり:マンツーマン6コマ、グループレッスン1コマ、欧米ネイティブクラス1コマ、スペシャルレッスン1コマの合計9コマ)
・小テストとエッセイ(1時間)
・2人部屋の寮の宿泊費
・毎日3食ビュッフェ
・プール、ジム、校内Wifiなどの施設使用料

この基本料金を、お申し込み後に日本で支払います。基本料金は1週間あたり約50,000円と冒頭でご説明いたしましたが、I. Breeze校の場合、1週間あたり5万円弱の計算になりますね!

◆ その②【現地支払い費用】
現地到着最初のオリエンテーション時に支払います。現地通貨は現地到着してから学校の案内で両替が良いかと思います。(日本の空港などでの両替は高いのであまりおすすめしません。)
・4週間 約10,000ペソ(約21,000円)
・8週間 約15,000ペソ(約31,000円)
・12週間 約28,500ペソ(約60,000円)
※1ペソ2.1円で概算計算

含まれるもの:
・SPP(学生登録証)6,800ペソ
・光熱費 4週間で1000ペソ
・教科書代(コースによる)1冊150~500ペソ
・到着時空港送迎代 800ペソ
・ビザ発行料金
 - 4週間を超えるとき 4,140ペソ
 - 8週間を超えるとき 5,410ペソ
 - 12週間を超えるとき 3,440ペソ
・外国人登録証(AIR-Iカード/12週間以上)3,500ペソ

◆ その③【航空券・海外保険】
・航空券 / 成田-セブ島往復約50,000円(直行便はフィリピン航空・セブパシフィック航空)(※1)
・海外保険 / 4週間約12,000円、8週間約36,000円、12週間約50,000円 (※2)

いかがでしょうか。セブ島留学の際の費用の構成が確認できかたと思います。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。
今後、随時欧米留学費用との比較なども追加して参ります。

記事:グローバルクリック代表/薗田
(2020年2月25日更新)



※1 航空券のの値段は渡航時期や購入時期により変動します。早めに購入しましょう。
※2 海外保険は、クレジットカードに付帯している海外保険を利用することも可能です。保証内容をよく確認して検討しましょう。
上記の保険金額は、"tabiho” https://tabiho.jp/tb/ から参照。
おすすめの航空券や保険は、お申込み時にご案内できます。お気軽にお問い合わせください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧