FLOW 留学手続きの流れ

HOME // 留学手続きの流れ

簡単5ステップ
海外旅行並みのシンプルさを実現!

STEP 01セミナー・個別相談(半年~1か月前)

✔まずは1時間ほどのセミナーもしくは個別相談に参加(無料)。オフィスは銀座線外苑前駅徒歩2分と渋谷駅徒歩5分にあります。

✔セブ島の人気校は半年以上前から各国のお申し込みがあります。お早目に宿泊寮の確保をおすすめします。

✔遠方の方、お急ぎの方はご来社いただかなくてもお手続きできます。お電話・LINE・Skype・メールなどでご案内いたします。

✔当社は無理な勧誘はいたしません。ご相談だけでもお気軽にご連絡ください。

STEP 02学校とコースの決定(半年~1か月前)

✔英語レベルアップの目標を決めて、最適な学校・コースを決めます。

✔グローバルクリックでは定期的に現地視察をして厳選したベストな15校からピッタリな学校をご紹介します。

✔留学カウンセラーは全員留学経験あり。TOEICも900点前後あります。英語勉強方法もぜひご相談ください。

STEP 03お申し込み(半年~1か月前)

✔現地学校との面倒なお申し込み手続きはグローバルクリックにお任せください。

✔お申し込み手続きもゼロ円です。

✔お申し込み後、すぐに現地学校から入学許可とご案内が届きます!

✔人気校の夏休み、春休みは特に混み合います。半年前を目標にお申し込みしましょう。

STEP 04学費のお振込み(3~1か月前)

✔グローバルクリックが面倒な現地への海外送金お手続きも行いますので、お客様は日本円でお振込みいただけます。(当社の取引銀行は三井住友銀行・青山支店です)

✔航空チケットと海外保険の確保は原則として各自でお願いしております。おすすめチケットや保険の情報はご希望によりご案内しております。

✔Eチケット情報は現地でのお迎え準備に必要となりますので、担当カウンセラーまでご提出ください。

STEP 05留学スタート!

✔ほとんどの場合、日曜現地到着となります。

✔セブ島の空港到着出口にて学校の日本語スタッフがお出迎えいたします。現地学校まで送迎いたします。

✔授業初日(月曜日)は、日本語でのオリエンテーション・レベル分けテスト・近くの大型ショッピングモールに買い出しがあり安心です。通貨両替もそこでできます。

よくあるご質問

セブ島英語留学がわかる20の質問!
初めての海外、英語はまだこれからという方でもお気軽にご相談ください。

<フィリピン英語> フィリピンは英語のなまりは強くないですか?
フィリピンは今や世界一のコールセンターの拠点となっていて、80万人以上が勤務するほどまでの成長産業となっています。
その背景には、なまりの少ない標準英語を話す人が多いことも大きな要因となっています。
また、セブ島の英語学校でも先生の採用基準は厳しく、採用後も英語指導方法を含めた継続的なシステムの整っている質の高い学校が人気があります。
日本人が第二外国語として通用する英語を学ぶには十分な環境であるといえます。
さらに英語学校の中には、欧米の英語ネイティブの先生がいる学校もあります。グローバルクリックではこうした先生の採用や教育基準、欧米ネイティブの授業の有無なども確認し、最適な学校をご紹介しています。
<治安>セブ島の治安はどうですか?
フィリピンの中でもセブ島は治安が良いといわれています。
しかし他のアジア諸国などと同様に、日本人が海外に行く際には日本とは違う環境であることを念頭に行動することが大切です。
グローバルクリックがご紹介する英語学校は、セキュリティ体制がしっかりとしていて、警備員が原則として常駐しています。
学校の敷地内には関係者しか入れないようになっている学校がほとんどです。
<申し込み時期と方法>留学の申し込みはいつ、どうすればいいのですか?
セブ島の英語学校は、1週間単位から申し込み可能です。
平均的な滞在期間は2か月から3か月となっています。
お申し込みはどの学校も授業と寮・食事がセットになっています。
人気校は日本以外からの申し込みも当然多く、半年以上前に寮が満室になってしまうケースもあります。できるだけ早めの申し込みをお勧めします。
グローバルクリックでは、日々最新の寮の空き状況を現地と確認をとってご紹介できる仕組みを整えていて、お申込み手続きもグローバルクリックが無料で行いますのでご安心ください。パスポート情報があればお申し込みできます。
入学許可ができ次第、基本料金(授業料・入学金・寮費用)をご入金いただき、往復の航空券情報(お出迎えのため)を現地の学校に伝える流れとなっています。
<料金体系>セブ島の英語学校の料金体系はどうなっているのですか?
セブ島の英語学校への留学は、三つの費用構成となっています。
①基本料金(授業料・入学金・寮・3食込み)
お申し込み確定後、日本円でお振り込みいただきます(グローバルクリックの三井住友銀行・青山支店の普通預金口座)。1週間で5万円前後からとなっています。

②現地支払い
教材費(個人ごとにクラス分け後にテキストを決めます)、寮の保証金(破損等なければ帰国時に返却)、光熱費、ビザの費用(4週間までゼロ円)など概ね3万円前後を現地通貨(フィリピンペソ)でお支払いいただきます。

③航空券チケットと海外保険
原則として各人でご手配となります。グローバルクリックでもおすすめの情報などをお伝えしています。
<英語力ゼロ>まだほとんど英会話ができませんが大丈夫ですか?
大丈夫です。それぞれの英語力に沿ったテキストをご用意しています。
挨拶や簡単な自己紹介などからスタートして、徐々に会話ができるようにさまざまな授業メニューがございます。
詳しくはグローバルクリックの留学アドバイザーにお気軽にご相談ください。
<TOEIC900以上>すでにTOEIC800点ありますが、さらに900点以上を目指しています。セブ島の学校で対応できますか?
対応できます。個人個人のスキルによってテキストも変わります。
ハイレベルなスコアを狙う場合に最適な学校をご紹介いたします。
12週間で目標を目指す点数保証コースがある学校もございます。詳しくはグローバルクリックの留学アドバイザーにご相談ください。
<最短何日から?>学校・仕事であまり休めないのですが、最短何日から申し込みできますか?
1週間からお申し込みできます。
セブ島の英語学校は月曜日スタート、金曜日終了(修了式)のプログラムです。
月曜日はオリエンテーション、レベル分けテスト、ショッピングモールへの買い出しなどで、レベル分けテスト以外は日本語スタッフがご案内します。
日曜日に現地に到着し、最終授業の週の土曜日に出国するスケジュールが一般的となっています。
<手続き無料?>留学に際しての手続きには費用がかかりますか?
グローバルクリックでは、留学される方からのお手続き費用はいただいておりません。
無料でご相談・お手続きを行います。また、留学中にコースを変更したり、期間を延長する場合でも手数料をいただいておりません。航空券と保険はご自身でのご手配となります。
また弊社から現地学校への授業料の海外送金時に銀行手数料が発生する場合は、キャンペーン期間を除いて実費をご負担いただいております。
<通貨に関して>フィリピンペソに関して何か注意点はありますか?
現地での現金支払いは、フィリピンペソとなります。
日本の空港での両替よりも、現地のショッピングモールなどのほうがレートが良いことが多いです。
初日の月曜日には、近くのショッピングモールに事務局のスタッフと日用品買い出しツアーもありますので、現地スタッフにアドバイスをもらうといいでしょう。
また両替時にはその場で必ず枚数を確認するようにしましょう。
また、帰国の際にはマクタンの空港で出国税850ペソの支払いが必要ですので、その分を残しておきましょう。
<入学資格・要件>セブ島の英語学校に入学するには資格や入学要件はありますか?
基本的にパスポートがあればどなたでも入学できます。
点数保証コースなどは英語のスコアがあらかじめ必要なものもあります。
学校ごとの詳しい状況はグローバルクリックの留学アドバイザーにお尋ねください。
<病気やケガ>現地で万が一病気やケガのをした際の対応はどのようなものですか?
グローバルクリックのご紹介するセブ島の英語学校は、日本人もしくは日本語スタッフがいる学校です。
病気やケガをされた際は現地事務局のスタッフにすぐにご連絡ください。
病院への送迎や現地での保険申請の手続きも現地学校事務局で対応できます。
海外の病院による治療は高額になることもありますので、留学前に必ず保険に加入お願いいたします。
<学校の寮と食事>現地での宿泊と食事はどんな感じですか?
セブ島の英語学校は、授業の施設と宿泊・食事が同じ敷地内にあって効率よく学習に集中できる学校が多くなっています。
グローバルクリックでは、現地をチェックして施設の充実した学校をご紹介しています。
寮の部屋は1人部屋から4人部屋が選べる学校が多く、食事はビュッフェ形式で栄養のバランスが取れ、日本人の口にもあう料理が提供されています。
具体的な寮や食事のイメージは、各学校紹介のページにある写真をご参考にしてみてください。
<留学生の出身国と年齢層>セブ島にはどの国の人が来ていますか?また、平均何歳くらいですか?
セブ島には、日本以外にも主に韓国、台湾、ベトナムから多くの留学生が来ています。そのほか中国、ロシア、中東などからも来ています。
年齢は大学生を中心に、20代から30代の社会人、ワーキングホリデーや欧米留学準備の20代、また高校生や親子留学、さらには40代で駐在前の研修、60代で会社を引退した方などさまざまな年齢層の方が留学しています。
グローバルクリックでは日本人比率が概ね35%以下の学校をご紹介しています。
現地ではできるだけ早く英語脳になるために、寮の部屋も他の国から来ている人と一緒にしている学校がほとんどです。
<社会人向け>会社に勤務していますが、短い期間でも大丈夫ですか?また、ビジネス英語も学べますか?
はい、1週間から留学可能です。
セブ島の英語学校は、月曜開始の金曜日終了ですので、日曜日に到着し、土曜日に帰国するスケジュールが一般的となります。

またグローバルクリックでは、ビジネス英語に力を入れている学校もご紹介できます。
ビジネス上の挨拶やメールの書き方などの基礎や、最終的に自分でビジネスプランをプレゼンテーションするまでを目標にするなど多様なビジネス英語のメニューが揃った学校をご紹介いたします。
<現地で延長や変更>現地に行ってからの期間延長やコース変更は可能ですか?
はい、可能です。
現地の事務局スタッフもしくはグローバルクリックの担当までご連絡ください。
延長に際しては、寮の空き部屋の確認や料金の確認、コース変更に関しては料金の差額有無などの確認がありますので早めにご連絡ください。
期間が延長になる可能性がある場合は、航空券をあらかじめ期間オープンのチケットにするなどの準備が必要になります。
<学校選び>学校が多すぎて選べません。どの点で比較すればいいですか?
セブ島には大小100校ほどの語学学校があります。
学校によってはコースメニューが限定的だったり、学校施設と宿泊施設が離れていたり、まだまだ運営基盤が安定していない場合もあるようです。
グローバルクリックでは現地視察を定期的に行っています。授業内容・学校施設・地域環境・学校のセキュリティ体制・寮や食事・ジムなどの付属設備・留学生の出身国割合・事務局日本語スタッフの有無・病院対応などさまざまなチェックポイントをクリアした比較的大規模で運営基盤の良い学校15校と提携しています。その中からより最適な学校をご紹介します。
①英語の学習ポイント(試験対策か会話重視かビジネス英語かなど)②学校のロケーション(ビーチ沿い、シティ、郊外など)③留学生の出身国割合(日本人比率)④寮や食事などの施設⑤卒業生の実績などが主な比較ポイントとなるかと思います。
<Wi-Fi環境>現地でWi-Fiは使用できますか?
はい。多くの学校がWi-Fi環境を整えています。
ただ、Wi-Fiが使える場所が限られていたり、通信速度が速くないこともあります。
また、学校外でスマホを使用する場合は、現地でSIMを調達、国内でSIMを準備、ポケットWi-Fiのレンタルなどがあります。
事前にどの程度使用するか決めて準備しましょう。
<現地の移動手段>週末などに郊外やビーチに行くにはどんな交通手段がありますか?
セブ島内は基本的に車での移動となります。地下鉄や公共のバスはありません。
値段の高い順に、一般のタクシー、バイク、トライシクル(バイクの横に2人乗れる台車をつけた3輪バイク)、ジプニー(バンのような車で乗り合いの)などがあります。
最近では”Grab”というUberのようにアプリから呼べるサービスが定着していて、一般タクシーよりも質が良く支払いもスムーズで人気です。
日本で事前にアプリをダウンロードするほうが手早いです。
セブ島は人口が多いため交通渋滞が多く発生する時間帯もありますので、時間には余裕をもって計画し、最初は複数人で乗車したりローカルな乗り物は避けるなど注意して利用しましょう。
<東京近郊以外の方>留学セミナーなど東京まで申し込みに行けない場合、申し込みできますか?
もちろんお申し込みできます。
ご相談は、お電話やメール以外にも、LINEやSkypeなどでもご対応できます。お気軽にご連絡ください。
<支払いタイミング>留学費用はいつ支払えばいいですか?
入学決定後に基本料金をまずお支払いください。
セブ島の英語学校の費用は①基本料金(授業+寮+食事+入学金)②現地支払いのテキスト代や光熱費など③各自で手配の航空券と保険の三つに支払いのタイミングが分かれます。
基本料金は、現地からの入学許可書が出ましたら、グローバルクリックの口座に日本円でお振込みください。
面倒な海外送金手続きはグローバルクリックで行います。
ドル建ての基本料金の学校も多いですが、為替レートはお申し込み日の三井住友銀行の為替レートで換算してご案内いたします。