Topへ戻る

INFORMATION NEWS/お得情報

HOME // NEWS/お得情報 // 留学しなくても英語力を味方に有利な就活!

CATEGORY


ビジネス英語 ブログ 就活と英語

留学しなくても英語力を味方に有利な就活!

就活やビジネスで使える英語力って具体的にどれくらい?
本当に英語力は必要なの?
今から何ができる?
にお答えします。
英語力で有利な就活!

目次

就活に英語は必要?!

グローバル化の現代では、ビジネスにおいて英語の必要性が高まってきています。使える英語力を身に付けることは今後もさらに大切になっていくと考えられます。2019年に実施された調査によると、企業が就活生に必要とする能力の中で英語がトップにきました。よって英語力を高めることは有利な就活につながります。この記事では有利な就活を始めるために、英語力を身に付けるために何が必要なのかについて解説していきます。
(国際ビジネスコミュニケーション協会による英語活用実態調査 参考)

就活で勝つTOEICスコア

就活で必要なTOEICスコアは?

就活で使えるTOEICスコアは何点なのでしょうか?
TOEICでは、スコア860点以上をAレベルとし、ネイティブでなくても十分なコミュニケーションがとれると定義されています。他の就活生と差をつけ、実際に仕事で活用できる英語力の目安として800点以上のスコアを取得する必要があります。
グローバルクリックでは「就活で有利+就職後に使える英語力」の目安としてTOEIC900点(最低でも800点!)をおすすめしています。そのためには早めの準備が鍵となります!

就活英語面接で使えるフレーズ

自己紹介で使える英語フレーズ

英語で面接がある場合、もしくは職場で英語話者と一緒に働く機会もあります。そんなとき、英語で自己紹介ができるようにしておくことは必要不可欠です。ここではそのようなシチュエーションで使える表現の例をお伝えします。

挨拶

Thank you for giving me this opportunity. このような機会をくださりありがとうございます。
My name is~. 私の名前は~です。
I`m a student in △△university. 私は△△大学の学生です。
I studied 〇〇 in △△university. 私は△△大学で〇〇を勉強しました。

自分の性格を伝える

自分をどんな人かシンプルに伝えましょう。
I`m a 〇〇 person. 私は〇〇な人間です。

・honest / 正直な ・hard-working / 努力家な ・trustworthy, reliable / 信頼できる
・easy-going / 気さくな ・loyal / 忠実な ・focused / 集中力のある

自分の強みを伝える

I`m good at~. 私は~が得意です。
(例)I`m good at thinking logically. 私は論理的に考えることが得意です。
My strength is~. 私の強みは~です。
(例)My strength is multitasking. 私の強みは同時に複数の仕事をこなせることです。

会社にどう貢献できるか

I can contribute by~. 私は~することで会社に貢献できます。
(例) I can contribute by using my programming skills. 私はプログラミングの技術を使って御社に貢献できます。

就活で勝てる英語力

使える英語力に必要な8要素

就活で有利な英語力、就職後に生きる英語力をどう身に付ければよいのでしょうか。留学をしなくても、今からでもできる効果的な英語学習方法のポイントをお伝えします。

長期継続・繰り返し

長期継続と繰り返しは効率よく英語力を上達させる基本ポイントです。英語力に必要不可欠なインプット(英単語と英文法)を身に付くまで、応用して使えるようになるまで毎日繰り返し学習します。英単語学習では英語から日本語、英文法学習では日本語から英語の変換に重点を置いて学習するのが効果的です。もちろん両方向の変換がスムーズにできることが理想です。長期継続をするために一日に学習する量を決めておくことが大切です。(一日50単語、英文法5種類 など)毎日のプランに①前日の復習②今日の内容③今日の内容の復習を組み込みましょう。英単語は発音音声を聞いて学習することでリスニング対策にもなります。

インプットとアウトプットのバランス

インプット(英単語・英文法)は英語を読む力・聞く力の向上につながります。ただ、ビジネスで使える英語を身に付けるためにはやはり話す力を身に付ける必要があります。効果的な英語学習法では、アウトプットの方法を確保することが最も肝心です。つまり、言いたい内容を頭で英語に変換し、声に出す作業です。

音読

海外留学をしなくても、日常に取り入れることのできるアウトプット法をご紹介します。ずばり、「五感を使った音読」です。ネイティブのお手本音声を聞き、文章を目で見て、声に出して発音し、その声を耳で聞くという作業になります。多くの感覚を使うことで記憶に定着し、身体が英語に慣れていきます。日本にいても、英語に浸る状況を自ら作り出すことで英語力はしっかり身に付くものです。

まとめ

いかがでしたか?現代社会では就活、職場での英語力は必要不可欠になっています。英語力を味方につけ就活に挑みましょう。仕事にも生きる英語力を今から身に付けることが大切です。ただし、英語はツールであって「何を成し遂げたいか」を軸に持つことが肝心です。グローバルクリックでは各自の目標やキャリアプランを達成するために、英語力をワンランクアップさせ就職までをサポートしています。英語力に関する悩みやキャリア形成に関するご相談などいつでもご連絡ください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧