Topへ戻る

INFORMATION NEWS/お得情報

HOME // NEWS/お得情報 // Oxfordのレベルチェックテストとは?!

CATEGORY


キャンペーン情報 ブログ 英語おすすめ 英語関連トピック

Oxfordのレベルチェックテストとは?!

効果的な英語勉強法の第一歩

英語学習においてまず自分のレベルを確認することが確実にレベルアップするための第一歩です。今回の記事ではグローバルクリックおすすめの英語力診断テストをご紹介します。

数ある英語力診断テストの中でどれを選べばいいのかわからない!世界中で認められている基準で自分の英語レベルを診断したい!という方のお役にたてれば幸いです!

まずはこの記事を読んでいる皆さんにお得な情報です!

グローバルクリック公式ラインに登録していただいた方、毎月先着20名様に『Oxford Placement Test 受験料無料キャンペーン』をしています。

下記の情報を公式ライン公式アカウントからメッセージしてください。折り返し事務局からご連絡させていただきます。(限定数を超えた場合でもご返信いたします。)

 

・お名前(フルネーム)

・学校学部名もしくは業種・職種名

・今の英語力(ざっくりと)とどんな英語力をめざしたいかひとこと。

・【Oxfordテスト希望】と明記

グローバルクリック公式LINEアカウント

グローバルクリック公式アカウント登録用URL

↑グローバルクリック公式ライン登録はこちらから!!

目次

Oxford Placement Test (オックスフォードプレースメントテスト)ってどんなテスト?

Oxford Placement Test

Oxford Placement Test はイギリスの英語教育機関、Oxford University Press が実施しているテストです。正確に且つ素早く英語力を診断できるため、たくさんの教育機関で実際に使用されている英語試験です。

誰のためのテスト?

オックスフォードプレースメントテストの受験はこんな方におすすめです。

TOEICなどの英語試験のスコアをあげたい方

CEFRレベルとTOEICスコア対応表

実際にTOEICなどを受験する前に、現在の自分のレベルを知り、目標を立てることが必要です。90分という短い時間で現在のTOEICスコアはだいたいどれくらいなのか、を把握することができます。各自のスコアに応じた試験対策、学習計画に役立ちます。

使える英語を身に付けたい方

試験は語彙力・シンプルな文法・リスニング力を確認する構造になっています。まずはインプットを中心にした基礎力レベルをチェックし、アウトプットを中心にした英語学習に臨みましょう!

試験の特徴

Oxford Placement Test がどのような試験なのかご説明します。

世界共通のレベル認定制度

cefrレベルごとの詳細

CEFR(セファール)という、欧州評議会によって生み出された語学力判定基準を使います。イギリスを中心にヨーロッパで広く使われている語学力の尺度です。CEFRでは、6段階のレベル(A1, A2, B1, B2, C1,C2)で評価をします。旅行・留学・ビジネスなど目的に応じて必要なレベルは異なります。

( ブリティッシュ・カウンシル、ケンブリッジ大学英語検定機構参照)

受験方法

実際の試験中画面の様子

試験はすべてオンラインで行われます。パソコンとイアフォン、インターネット環境があればどこでも受験することができます。試験開始時間は決まっていないので、時間があるときに各自のスケジュールに合わせて実施することができます。試験は英語の語彙力・基本的な文法知識を確認するパート(Use of English)とリスニング力を確認するパート(Listening)の二つからなっています。かかる時間は個人差がありますが、50~90分です。

会話形式の「生きた」英語

英語の語法、リスニングともに二人の人物の会話、という形で問題が構成されています。カジュアルな会話からビジネスシーンのすこし堅い会話まで、実際の場面で使われる英語に対する理解力を確かめることができます。テストの問題全体が文語(書き言葉)ではなく口語(話し言葉)に重点を置いているため、頻度の高い「知っておくと使える」表現ばかりです。

レベルに応じて問題が変わる

テストでは受験者のレベルに合わせてコンピュータが問題の難易度を調整していくため、モチベーションを高め、従来の試験より正確に受験者のレベルを把握できる仕組みになっています。「全然意味がわからない」ということはなく、わかる!もしくはあと少しで理解できそう!というレベルの問題で構成されるため、確実に手ごたえを感じる試験設定になっています。コンピュータは問題の正誤だけでなく、解答にかかった時間も含めレベルを判断します。

ニーズに応じて選べる2種類の英語

パートごとに選べるイギリス英語orアメリカ英語

アメリカ英語、イギリス英語どちらにも対応しています。身に付けたい英語、英語を使う地域によってイギリス英語かアメリカ英語か選択できます。リスニング、読解ごとに異なる組合せなど、受験者のニーズに応じて変えられます。日本の英語教育ではアメリカ英語が一般的ですが、ヨーロッパ圏やオーストラリアなどの地域では、イギリス英語の方が一般的です。同じ英語でも発音や表現方法がかなり異なります。特にこだわりのない方はアメリカ英語をおすすめします。

他の英語テストとの比較は・・・?

オンラインで英語力を診断・測定できる試験はほかにもたくさんあります。その中でもOxford Placement Test をおすすめする理由をご紹介します。

圧倒的なコスト、時間の節約

時間と費用を削減!

英語力を測定するのにかかる受験料と試験時間が他の英語試験と比べかなりお手頃です。試験結果が受験後すぐにわかるので、結果を自主的な英語学習や教育指導にすぐ生かすことができます。

圧倒的な信頼性

オックスフォードプレースメントテストは英語教育の専門家により作成され、世界中で何度も予備テストが実験で行われ、テストの効果・正確さがしっかり証明されています。また、権威あるOxford Test of English という英語試験と同様にOxford University Press(オックスフォード大学)が監修しているため、世界的に認められているテストになります。

どのくらいのレベルをめざせばいい?

目的別にどれくらいの点数が必要なの?

海外旅行、海外留学、ビジネスなど目的ごとに必要なCEFRのレベルはどれくらいなのかをご紹介します。

海外旅行で使えるレベル

A2レベルがあると、自分の考えを伝える、相手の言っていることの理解が基礎的なレベルで可能になります。個人で旅行へ行く場合、B1レベルがあると安心です。

就活で生かせるレベル

B2レベル以上あると、正確かつ詳細な意志疎通ができ、一つの武器になると思います。TOEIC L&R だと750点以上が目安になります。

ビジネスで通用するレベル

ビジネスではB2もしくはC1レベルを目指す必要があります。TOEIC L&Rでは850点以上が目安になります。ビジネス用語、専門的な言い回しなど一般英会話よりワンランク上の英語力が必要です。

どのくらい学習するとランクアップする?

CEFRのレベルを一段階上げるためにはどのくらいの勉強量が必要だと考えられているのでしょうか。

ワンランクアップに約100~200時間?!

一般的にCEFRのレベルを一つ上げるためには、独学200時間+教室での英語授業200時間分(一日4時間学習を三か月半)が必要になるといわれています。

どんな学習をすれば効率よくレベルアップできる??

確実に「使える」知識を繰り返し&長期継続で学ぶこと、アウトプットを意識的に確保することがワンランクアップへの近道になります。そしてもちろん、自分のレベルにあった学習プログラムが一番効果的です。
グローバルクリックにお気軽にお問い合わせください。

セミスパEnglishプログラム4週間でワンランクアップ!!

セミスパEnglishプログラムコンテンツ

グローバルクリックでは、セミスパEnglishプログラムを通して各自のレベルにあった学習プログラムとマンツーマン個別指導を提案しています。「使える」「話せる」に近づくために、アウトプットに重点をおき、誰でも続けやすい英語学習法を実施しています。
プログラムの詳細は下記のリンクをご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?今回はOxford Placement Test についてご紹介しました。英語教育機関が『生きた英語』をもとに作成していて、CEFRという世界中で通用する客観的なレベル評価を受けることができます。自分のレベルを知ることで、自分に合った教材・学習法を選ぶことができ、目標も立てやすいというメリットがあります。

ぜひキャンペーンを活用してチャレンジしてみてください!

SHARE
シェアする

ブログ一覧