Topへ戻る

INFORMATION NEWS/お得情報

HOME // NEWS/お得情報 // 「使える」英語の学習法!~留学しなくても独学で効果的に学べる勉強法~

CATEGORY


オンライン英語学習 キャンペーン情報 ブログ 体験者ブログ 英語関連トピック

「使える」英語の学習法!~留学しなくても独学で効果的に学べる勉強法~



みなさんこんにちは!今回はGlobal Click! 式「使える」英語を効率よく身に付けるためのヒントをお伝えします。

 

そもそも「使える」英語とはどんな英語でしょうか。特に大切になってくるのがリスニング力(聞き取る力)スピーキング力(発信する力)になります。英語を聞き取るためには、①音と音のつながり方に慣れること ②次にどんな言葉がくるかの予測力を身に付けること ③ネイティブの発音に慣れることが必要です。英語を使って発信するために必要なのは①ネイティブが理解できるルールを守った発音 ②基本的な語彙力・文法力 ③自分の意見とその理由を論理的に伝える力 の3つになります。この記事では「使える」英語を身に付けるための英語学習法のヒントをお伝えします。

目次

効果的な勉強法5か条

同じ時間を使っても、正しい勉強方法を知っていれば得られる効果は大幅に違ってきます。Global Click式効果的な勉強方法をご紹介します。

インプットとアウトプットのバランス

何事も知識をもっているだけでは意味がありません。知識を使ってこそ役に立ちます。英語学習においてはインプット:アウトプット=4:6が効果的です。英単語・英熟語・英文法などの基礎力とそれらの知識を使う実践力が必要です。インプットからアウトプットへ効果的につなげるために、①単語を実際によく使われるフレーズの形で覚える ②英語を使う機会を確保する ことが大切です。

学習の習慣化

せっかく学んだ知識は定期的にメンテナンスをしなければ忘れてしまいます。学習に割く時間が無駄にならないよう、「繰り返し」・「長期継続」の二つを意識しましょう。具体的な例として、①同じ英単語を3日間は復習し続ける ②一日20単語など日ごとの目標を明確に決める ③確実にわかる/曖昧/わからないをしっかり分け、確実にわかる単語を増やす などがあります。まさしく塵も積もれば山となるのと同じように単語も積もれば英会話力につながります。

五感を使って学ぶ

英語を実際使うとき、読む=目、聞く=耳、話す=口、書く=目・手といったように五感を使います。つまり、英語を学習するときから五感を英語に慣れさせることが大切なのです。そこでおすすめする方法が ①音読 ②ディクテーション ③シャドーイング といったメソッドです。音読は自分が意味をしっかり理解している長すぎない英文を選びましょう。意味を頭に浮かべ、文を目で追い、自分の声を聴きながら同じ個所を複数回音読しましょう。ディクテーションは英語を聞きとり、そのまま聞き取った部分を書き写す作業です。耳で聞き取り、書くので単語と単語の音のつながりを学ぶことができます。シャドーイングは英語を聞き取り、少し遅れながら同じ英語を自分で音読する作業です。ネイティブの発音を自分の発音を比較し、お手本に近づけるために効果的です。

記憶に残る覚え方

脳科学的に効率よく覚えられるコツは ①寝る直前にインプット+翌朝の復習 ②単語の意味から妄想をしながら覚える の二つがあります。寝ている間に記憶が定着するので、眠りにつく直前に覚えた内容は忘れにくい傾向があります。確実に忘れないようにするために、次の日に同じ範囲を復習すると効果的です。また、知識に関連したヒントが多いほどその知識を思い出しやすくなります。単語の意味を文章の内容や映画のシーン、自分自身の経験と結びつけて学習すると記憶に残りやすくなります。

学習を続けるためのコツ三か条

よし!英語を勉強するぞ!となっても三日坊主だったなんて経験ありませんか?Global Click式学習を続けるコツをご紹介します。

自分のレベルに合ったプラン選択

学習は継続しなければ意味がありません。またスポーツで無理をして怪我をしてしまったら本末転倒であるように、自分の現在のレベルを把握して教材や学習内容を選ぶことがレベルアップの一番確実な方法です。そのために学習前にTOEICや、Cambridge English(ケンブリッジイングリッシュ)などインターネットで手軽に受験できるレベルチェックテストを通して診断してみましょう。

学習自体を楽しむ

物事を継続し習慣化する鍵は「快」にあります。快か不快かを考え、快と感じることは習慣に取り入れやすい傾向があります。よって学習を快にするための工夫が必要になってきます。例えばYouTube、TED、Netflixなどを通して海外作品を英語字幕で見てシャドーイングをしてみたり、興味のある分野の記事を英語で読んで見たりなどコストを抑えながら、楽しく学習するためのアプリやウェブサイトをどんどん活用していきましょう。普段無意識に多くの時間を携帯に費やしていることを考えると、携帯の言語設定を英語に変えてみる・SNSで海外のユーザーをフォローしてみるなども効果的だと思います。

原点を忘れない

継続させるためにはモチベーション(どうして英語を学習するのか)が必要です。ビジネスで英語を使いたい、海外留学をしたい、TOEICの点数を上げたい、海外旅行に行きたいなど各自の目標・英語学習をする理由を見失わないようにしましょう。英語はあくまでも手段です。英語を学ぶことで可能性が広がるとよく聞きますが、具体的に英語を使って何を成し遂げたいのかを考えて初めてその可能性をフルに活用することができます。

注目を浴びる短期集中型英語学習トライアル

ここで、今まで紹介した仕組みを取り入れている英語学習プログラム「セミスパEnglishプログラム」をご紹介します。なぜ「すごい」のかどう「すごい」のか。5つのポイントに絞って解説します。

マンツーマンの丁寧な個別指導

初心者の方でも英語にすでに精通している方でも、各自のレベルを反映した学習計画を立てます。専属のトレーナーさんが各参加者のレベルに合った教材、学習方法を提案してくれます。客観的な分析を通して「自分のレベルに合ったプラン選択」ができます。進捗状況の管理や学習過程で出てきた問題の相談など、学習を継続するための手厚いサポートが魅力です。

オンライン留学メソッド

徹底したオンラインプログラムなので、場所の移動を気にすることなく柔軟なスケジュール対応が可能です。忙しい社会人の方でも、1日1時間以上の確保で十分参加することができます。コロナで移動が難しい中、日本全国どこからでも参加をすることができます。

目的別対応

日常英会話コース、ビジネス英語コース、TOEIC点数アップコースなど「どうしてWhy、どのようにHow、どんな英語を学ぶのか What kind 」が明確で一貫性のあるプログラムになっています。内容が目的別に異なるので、短期間に役立つ英語・使える英語を各自のニーズに合わせて身に付けることができます。

効果的な学習方法伝授

「繰り返し」・「長期継続」を軸にした学習方法をご紹介します。五感をフルに使い、楽しく学ぶことで効率よく学び、学習を継続するための工夫が盛りだくさんです。インプットだけでなく、日本にいながら英語を使うアウトプットの機会をどう確保するかに関するヒントも知ることができます。

英語+αが手に入る

有名外資系企業GAFAの現役企業の方や、海外で実際に活躍している日本人の方から人生で大切なこと・英語学習で大切なことに関するお話を聞ける貴重な機会になります。毎週末のセミナーで英語という手段を使って何をするのかを考え、モチベーションを高め目標を明確にし、原点を見つめる時間を確保します。

まとめ

グローバルクリックのアイコン

いかがでしたか?英語は今後さらに必要不可欠なものになってくるでしょう。この記事を書いている私自身も以前は英語に全く自信がありませんでした。そんな時にセミスパイングリッシュを実際に体験し、英語を学ぶ楽しさと可能性を改めて感じました。英語学習は何歳からでも決して遅くありません。皆さんの能力を存分に活かす場を英語学習で広げてみませんか?英語を学びたいと思う一人でも多くの方のために、この記事の内容が役に立てば幸いです。

SHARE
シェアする

ブログ一覧