Topへ戻る

INFORMATION NEWS/お得情報

HOME // NEWS/お得情報 // 【オンライン英会話体験③】I Breeze @自宅

CATEGORY


オンライン英語学習 ブログ 体験者ブログ

【オンライン英会話体験③】I Breeze @自宅



皆さん。こんにちは。
オンライン英会話体験談vol.3 です。

今回もグローバルクリックが提携している語学学校の一つである
『I Breeze Academy』のオンライン英会話のトライアルを受けてみました。

トライアルとはいえ40分レッスン時間を受けることができたので満足度が高いレッスンでした。

ぜひ下までスクロールして読んでください。

目次

レッスン概要について

I Breeze のオンライン英会話レッスンについて語る前に、語学学校についても少しお話しようと思います。

詳細はグローバルクリックの本サイトにある
I Breeze ページにも記載してありますので参考になれば嬉しいです。

I Breeze について

I Breeze はセブ中心地にある現地ではアクセス抜群の語学学校です。コロナ前に校舎新設でセブ島トップクラスの綺麗さと言われています。

スピーキング力強化に力を入れているので短期間で英会話力を上げたい方にもってこいの語学学校ではないでしょうか。

またトイックコースもあるので英会話もトイックスコア高得点レベル両方狙いたい!
という欲張りな方に向いていると思います。


オンラインレッスン時間について

①平日月曜日から金曜日まであり、フィリピン時間の朝9時から午後10時まで提供されます。授業開始は毎時間スタートします。
(例:10:30-から始めたいというようなことができない。)

②土日、フィリピンの祝日、政府が発令する特別休暇の際には授業はありません。

③授業開始10分後までに参加しないと自動キャンセルになってしまいます。

④授業延期の場合(1):生徒は少なくとも3時間前にまでに授業延期を申請する必要があります。延期された授業はセットされたものとみなされ、時間と教師は空席状況によって変更する場合があります。

⑤授業延期の場合(2):生徒が学校,出張,保育などの個人的な事情で1週間以上参加できない時、
残りの授業を少なくとも6ヶ月まで延期可能。

⑥ 生徒が授業の再開を希望する場合、生徒は少なくとも1週間前に学校に再開登録フォームを提出する必要があります。

⑦ 許可されない欠席の場合はクラスを受けることはできません。

⑧生徒は同じ教師と授業を受けることはできません。

各コースの紹介

コースの数は他の語学学校と比べて少ないイメージですが、Power ESLと言われるほどにスピーキングに力を入れているのでレッスン内容の成果は期待できると思います。

①ジュニアESLコース(一般的な4技能強化コース)

ジュニアESLコースは小学生から登録可能。

英語の基礎を準備するコースとなっており、
リーディング、スピーキング、ボキャブラリーなどの個々のニーズに合わせてクラスを提供してくれます。

②アダルトESLコース

日常生活でよく使われる様々な語彙や表現を学ぶことで英会話能力を高めるコースです。

③ジュニア/アダルトIELTSコース

実際の試験に基づいたI E L T Sコースです。

料金について

他の語学学校と比べて、曜日が決まっているので
スケジュールがかっちり決まっていますが講師や授業内容の質が高いという点では他の語学学校と比べていい勝負だと思います。

まずはトライアルを受けてから考えてみてもいいかもしれませんね。

受講の仕方

必要なもの:
①安定したネット環境にいること
②パソコン,iPad,またはスマートフォン
③メモできるようにノートとペン


①I Breeze International language Center の
 公式メールアドレスへ登録すること
cebu@cebuibreeze.com/cebuibreeze@gmail.com
②Breeze on talkの登録フォームを記入しメールで送信
③お支払い手続き

<初回レッスンにて>
①レベルテストと自己紹介の時間は最初の授業にて行われます。
(リーディング、ライティング、文法、語彙、スピーキング)
②レベルテストの結果に基づいて生徒には教科書が準備されます。
③授業前にZoomの招待メールが送られます。

CHECK1
レッスン前:
レッスン開始20分前に先生からZOOM invitation メールがきます。

CHECK2
レッスン時間10分前くらいに待機していること。
接続可能かどうか確認して受講不可能だと判断した場合はすぐに先生にチャットして連絡。

先生たちの紹介

I Breeze で教えている先生たちを動画でご紹介します。



実際に受けてみた!私の体験談

トライアル申込フォームに必要事項を記入して提出。
当日、レッスン開始20分前にZOOM 招待メールが届きました。
(↑実は開始するまでにトラブルが多いことがあるから割と不安な点だったけれど杞憂だった)

時間になってアクセス!

希望レッスンコースはESLコースなのでとにかく
ひたすら話し続けることが大事。

レッスンの流れとしては
自己紹介→教材選び→トピックに合わせて会話を進めていく
、という感じです。

今回トライアルに当たった先生は女性の方でとても優しい方でした。こちらが話すことをよく聞いてくれてとても会話が弾んだように思います。

チャット機能で新しいフレーズを教えてくれたり発音訂正をしてくれるかと思いきや今回そういったことはなくただひたすら、画面越しで話していた感じでした。

途中、途切れてしまうこともしばしばありましたがフィリピンの語学学校とオンライン英会話をすると必ずおこるネット不安定問題は避けて通れない問題のような気がします。
オンライン英会話とはそんなもんだ、というくらいの気持ちで臨んでおくといいと思います。

トライアルをして教材を選ばせてくれたのは今回が初めてだったので新鮮でした。3つの教材をzoom の画面共有で見せてくれて選ぶといったような具合です。レベルは関係なく自分が話しやすいものを選ぶといいと思います。

教材選択肢は下のような三つ。
テキストのタイトルがうろ覚えだったので曖昧で恐縮ですが…

教材① 日常生活について話す本
教材② 5W1Hで始まる質問事項がびっしり書かれた本
    (TALK TALK TALK)
教材③ 5W1Hで始まる質問事項がびっしり書かれた本
   (TALK TALK TALK2 :教材②のレベルアップバージョン?)

オンライン英会話で以前教材②のTALK TALK TALKは使ったことがあるので私は教材①を選択しました。
内容はタイトル通り普段の私の生活について話しました。

「コロナ禍で何が変わったか」「前と今で比較してプラスになったこと」「コロナが落ち着いたら何がしたいか」「普段平日やっていること」「週末にやることや趣味など… 」

毎回自分のことを話していると時間を忘れてしまうのであっという間の40分でした。

私は割と相性が合わない先生という方に合ったことがないのですが、話やすい先生が多いかとこれまで経験してみて感じます。

オンライン疲れ、という言葉を聞きますがこれからオンライン学習は必須になってきそうなのでうまくバランスとって活用していきたいですね。

実は自分の日常でこれほどZOOMに親しむ機会が増えるとは思わなかったので驚きですが、柔軟に対応すれば慣れ、利便性もわかってくると思います。

SHARE
シェアする

ブログ一覧