Topへ戻る

INFORMATION NEWS/お得情報

HOME // NEWS/お得情報 // 在宅で英語力アップ!【音読教材④ オバマ元大統領の演説】

CATEGORY


ブログ 英語関連トピック

在宅で英語力アップ!【音読教材④ オバマ元大統領の演説】

こんにちは!
今日は、留学準備の1つである【事前の英語学習】として、音読教材のご紹介をしようと思います。

在宅が多くなっているこの時期にぜひやってみてください。

「留学先で勉強するからいいや!」と、準備なしで語学留学に行ってもそれなりに程度成長できるとは思いますが、実は留学経験者の声として多いのが「事前に英語をもう少し勉強してから行けばよかった」という意見なんです。

現地に行ってからスタートして、英語に慣れたころに留学が終わってはもったいないですよね。

『留学前にある程度英語に慣れておくと現地での成長スピードに大きな差が出ます!』

そこで、Global Clickでは、留学前の英語学習の手助けとなるコンテンツをご紹介します。

今回ご紹介する音読教材は、オバマ元大統領の演説(約4分半)です。"Yes we can"のフレーズで有名な演説です。

実際の演説の様子と、そのスピーチ内容の英語スクリプト、そして音読するときに使う音読用の英語スクリプトをご用意しました。

 
音読で英語力をアップする秘訣は、1日5回音読(声に出して読むことが何よりも重要!)、まずは10日間(=50回)同じもので続けてみてください。オバマ元大統領演説は5分弱です。全部覚えるくらいで!^^


(音読方法1) You Tube画像の字幕でオバマ元大統領の演説スピードに合わせて音読

もしくは、自分のペースで、

(音読方法2)このページ下に、音読のための区切りをつけた原文のスクリプトがあるのでそれを使って音読してみましょう!


※コツ:区切りごとに英語のまま理解しようとしてみてください。どんどん頭でなく体で英囲脳に自然と近づきます!

※音読の効果:音読をすることで、英語的な表現方法、論理的な感覚を自然と覚えます。次にどんな言い回しがくるか予測ができるようになってきます。『not only・・・』と来たら『but also・・・』と来るはずというような感覚です!

※ 同じ文章で音読を続けることで、結果として、

① 次にどんな表現がくるか予測力がつく

↓↓↓

② 速読力に加えて、リスニング力も付きます!

↓↓↓

③ 英語のまま理解して、英語のまま話せる割合が徐々にが増えていきます!

日本語で考えてから話すことが格段に減っていく(=英語のまま考えて返答する)体験をあなたもぜひ!グローバルクリックの音読素材をトライしてみてください。

目次

音読教材③ オバマ元大統領の演説

オバマ元大統領の演説の様子



こちらが実際のスピーチの様子です。
"Yes we can"のフレーズは今でも有名ですよね。

音読用に、抜粋してお届けします。

音読の際のアドバイスは、

① 恥ずかしがらず、オバマ元大統領の発音・声の抑揚を真似する事!
② 耳で聞き取れないところは、Youtubeの機能を使い再生速度を遅くして聞いてみる事!
③ 英語の構造(ex. that節など)を意識して音読してみる事!

の3つです。

演説の英語スクリプトと日本語訳一覧

まずは演説の英語スクリプトと日本語訳を確認してみましょう。

〜英語スクリプト〜

To those — to those who would tear the world down: We will defeat you. To those who seek peace and security: We support you. And to all those who have wondered if America’s beacon still burns as bright: Tonight we proved once more that the true strength of our nation comes not from the might of our arms or the scale of our wealth, but from the enduring power of our ideals: democracy, liberty, opportunity and unyielding hope.

That’s the true genius of America: that America can change. Our union can be perfected. What we’ve already achieved gives us hope for what we can and must achieve tomorrow. This election had many firsts and many stories that will be told for generations. But one that’s on my mind tonight’s about a woman who cast her ballot in Atlanta. She’s a lot like the millions of others who stood in line to make their voice heard in this election except for one thing: Ann Nixon Cooper is 106 years old.

She was born just a generation past slavery; a time when there were no cars on the road or planes in the sky; when someone like her couldn’t vote for two reasons — because she was a woman and because of the color of her skin. And tonight, I think about all that she’s seen throughout her century in America — the heartache and the hope; the struggle and the progress; the times we were told that we can’t, and the people who pressed on with that American creed: Yes we can.

At a time when women’s voices were silenced and their hopes dismissed, she lived to see them stand up and speak out and reach for the ballot. Yes we can.

When there was despair in the dust bowl and depression across the land, she saw a nation conquer fear itself with a New Deal, new jobs, a new sense of common purpose. Yes we can.

When the bombs fell on our harbor and tyranny threatened the world, she was there to witness a generation rise to greatness and a democracy was saved. Yes we can.

She was there for the buses in Montgomery, the hoses in Birmingham, a bridge in Selma, and a preacher from Atlanta who told a people that “We Shall Overcome.” Yes we can.

A man touched down on the moon, a wall came down in Berlin, a world was connected by our own science and imagination. And this year, in this election, she touched her finger to a screen, and cast her vote, because after 106 years in America, through the best of times and the darkest of hours, she knows how America can change.
Yes we can.

America, we have come so far. We have seen so much. But there is so much more to do. So tonight, let us ask ourselves — if our children should live to see the next century; if my daughters should be so lucky to live as long as Ann Nixon Cooper, what change will they see? What progress will we have made?

This is our chance to answer that call. This is our moment. This is our time, to put our people back to work and open doors of opportunity for our kids; to restore prosperity and promote the cause of peace; to reclaim the American dream and reaffirm that fundamental truth, that, out of many, we are one; that while we breathe, we hope. And where we are met with cynicism and doubts and those who tell us that we can’t, we will respond with that timeless creed that sums up the spirit of a people: Yes, we can.

Thank you. God bless you. And may God bless the United States of America.



〜日本語訳〜

この世界を破壊しようとする者たちに告げる。われわれはお前たちを打ち破る。平和と安全を求める人たちにお伝えします。私たちはみなさんを支援します。そしてアメリカと言う希望の灯はかつてのように輝いているのかと、それを疑っていたすべての人たちに告げます。私たちは今夜この夜、再び証明しました。この国の力とは、もてる武器の威力からくるのでもなく、もてる富の巨大さからくるのでもない。この国の力とは、民主主義、自由、機会、そして不屈の希望という私たちの理想がおのずと内包する、その揺るぎない力を源にしているのだと。

それこそが、アメリカと言う国の素晴らしさです。アメリカは変われるという、まさにそれこそが。私たちのこの連邦は、まだまださらに完璧に近づくことができる。私たちがこれまで達成してきたことを見れば、これから先さらに何ができるか、何をしなくてはならないかについて、希望を抱くことができるのです。

今回の選挙には色々な「史上初」があり、これから何世代にもわたって語り継がれるいろいろな物語がありました。けれども私が今夜なによりも思い出すのは、アトランタで投票したひとりの女性の物語です。彼女はほかの何百万という人たちと同様に、この選挙に自分の声を反映させようと行列に並びました。ただ1つだけ、ほかの人と違うことがあります。アン・ニクソン・クーパーさんは106歳なのです。

道路を走る自動車もなければ、空を飛ぶ飛行機もなかった時代です。その時代、彼女のような人はふたつの理由から投票できなかった。女性だから。そして皮膚の色ゆえに。

さらに私は今晩、アメリカで生きた100年以上の間にクーパーさんが目にした、ありとあらゆる出来事を思っています。心を破られるほどの悲しみ、そして希望。困難と、そして進歩。そんなことはできないと言われ続けたこと。にもかかわらず、ひたむきに前進し続けた人たちのこと。あのいかにもアメリカ的な信条を掲げて。Yes we can。私たちにはできる、と。

女性は沈黙させられ、女性の希望は否定されていた時代にあって、クーパーさんは生き続け、女性が立ち上がり、声を上げ、そしてついに投票権に手を伸ばすのを目撃したのです。Yes we can。私たちにはできるのです。

アメリカの大草原に絶望が吹き荒れ、大恐慌が国を覆ったとき、クーパーさんは「新しい契約(ニュー・ディール)」と新しい仕事と新しく共有する目的意識によって、国全体が恐怖そのものを克服する様を目撃しました。Yes we can。私たちにはできるのです。

この国の湾に爆弾が落下し、独裁が世界を支配しようとしたとき、時の国民が立ち上がり、偉業を達成し、そして民主主義を救うのをクーパーさんは見ていました。Yes we can。私たちにはできるのです。

クーパーさんは(人種隔離政策が行われていたアラバマ州)モンゴメリでバスが黒人を差別するのを知り、(同州)バーミングハムで警官が消火ホースの水でもって黒人を抑圧するのを知り、(流血のデモ行進が行われた同州)セルマの橋を知り、そしてアトランタからやってきた牧師と時代を共有しました。アトランタからやってきたその牧師は人々に「We shall overcome(私たちは克服する)」と語った。Yes we can。私たちにはできるのです。

人が月面に着陸し、ベルリンでは壁が崩壊し、われわれの科学と想像力によって世界はつながりました。

そして今年、この選挙で、彼女は指でスクリーンに触れ、そして投票したのです。なぜならアメリカで106年生きてきて、幸せな時代も暗い暗い時代もこのアメリカでずっと生きてきて、クーパーさんは知っているからです。このアメリカと言う国が、どれほど変われる国なのか。
私たちにはできるのです。

アメリカよ、私たちはこんなにも遠くまで歩んできました。こんなにもたくさんのことを見てきました。しかしまだまだ、やらなくてはならないことはたくさんあります。だから今夜この夜、改めて自分に問いかけましょう。もしも自分の子供たちが次の世紀を目にするまで生きられたとしたら。もしも私の娘たちが幸運にも、アン・ニクソン・クーパーさんと同じくらい長く生きられたとしたら。娘たちは何を見るのでしょう? 私たちはそれまでにどれだけ進歩できるのでしょうか?

その問いかけに答えるチャンスを今、私たちは手にしました。今この時こそが、私たちの瞬間です。今この時にこそ、私たちは人々がまた仕事につけるようにしなくてはなりません。子供たちのために、チャンスの扉を開かなくてはなりません。繁栄を取り戻し、平和を推進しなくてはなりません。今この時にこそ、アメリカの夢を取り戻し、基本的な真理を再確認しなくてはなりません。大勢の中にあって、私たちはひとつなのだと。息をし続ける限り、私たちは希望をもち続けるのだと。そして疑り深く悲観し否定する声に対しては、そんなことできないという人たちに対しては、ひとつ国民の魂を端的に象徴するあの不朽の信条でもって、必ずやこう答えましょう。

ありがとう。神様の祝福を。そして神様がアメリカ合衆国を祝福しますように。


確認できたでしょうか?では次に、音読用スクリプトをご紹介します!

日本語訳を見ながら音読してみよう

まずは日本語訳を確認しながら音読してみましょう。(上記の訳よりも一部音読用のシンプルな訳にしている部分もあります。)

To those — / to those who would tear / the world down: /
人たち… / この世界を破壊しようとする者たちに(告げる)/

We will defeat you. /
われわれはお前たちを打ち破る。/

To those / who seek peace and security: / We support you. /
人々… / 平和と安全を求める人たちにお伝えします。/ 私たちはみなさんを支援します。/

And to all those / who have wondered / if America’s beacon / still burns as bright:
そして全ての人たちに(告げます)/ 疑っていた / アメリカという希望の灯が / 未だ輝いているのかと

Tonight / we proved once more / that the true strength of our nation /
今夜 / 私たちは再び証明しました / この国の真の力とは、

comes not from the might of our arms / or the scale of our wealth, /
もてる武器の威力からくるのでもなく / もしくは富の巨大さからくるのでもない、

but from the enduring power of our ideals: /
そうでなく、私たちの理想が内包するその揺るぎない力から(来るのだと)。

democracy, / liberty, / opportunity / and unyielding hope./
民主主義 / 自由 / 機会 / そして不屈の希望という

That’s the true genius of America: / that America can change.
それこそがアメリカという国の素晴らしさです。/ アメリカは変われるという(まさにそれこそが)。

Our union can be perfected. /
私たちのこの連邦は、完璧に近づくことができる。

What we’ve already achieved gives us hope /
私たちがこれまで達成してきたことは、希望を抱くことができる

for what we can / and must achieve tomorrow. /
これから先さらに何ができるか / そして明日(=未来に)何をしなくてはならないかについて

This election had many firsts / and many stories
今回の選挙には色々な「史上初」があり / いろいろな物語がありました

that will be told for generations.
それは何世代にもわたって語り継がれるでしょう /

But one that’s on my mind tonight’s about a woman /
けれども私が今夜なによりも思い出すのは、ひとりの女性の物語です

who cast her ballot in Atlanta. /
(その女性は)アトランタで投票した /

She’s a lot like the millions of others / who stood in line /
彼女はほかの何百万という人たちと同様です / (その人たちは)行列に並んでいた

to make their voice heard in this election / except for one thing: /
この選挙に自分の声を反映させようと / ただ1つだけ、ほかの人と違うことがあります。

Ann Nixon Cooper is 106 years old. /
アン・ニクソン・クーパーさんは106歳(だということを除いて)。

She was born / just a generation past slavery; /
彼女は生まれました / 過去の奴隷の世代として

a time / when there were no cars on the road / or planes in the sky; /
その時代 / 道路を走る自動車もない(時代) / 空を飛ぶ飛行機もなかった(時代) /

when someone like her couldn’t vote for two reasons — /
彼女のような人はふたつの理由から投票できなかった(時代)/

because she was a woman / and because of the color of her skin.
なぜなら女性だから / そして皮膚の色ゆえに。

And tonight, / I think about all that she’s seen /
さらに今晩 / 私は彼女が目にしてきたあらゆる出来事を思っています /

throughout her century in America — /
アメリカでの彼女の100年にわたっての

the heartache and the hope; / the struggle and the progress; /
心を破られる悲しみそして希望 / 困難そして進歩。

the times we were told / that we can’t, /
言われ続けたこと / そんなことはできないと

and the people / who pressed on / with that American creed: /
人たちのこと / ひたむきに前進し続けた / あのいかにもアメリカ的な信条を掲げて

Yes we can. /
私たちはできると。

At a time / when women’s voices were silenced / and their hopes dismissed, /
時代にあって / 女性は沈黙させられた(時代)/ そして彼女らの希望は否定されていた(時代),/

she lived to see them stand up /
クーパーさんは生き続けついに女性たちが立ち上がるところを目撃した /

and speak out and reach / for the ballot. /
そして声を上げ手を伸ばすのを / 投票権に

Yes we can. /
私たちにはできるのです。

When there was despair in the dust bowl /
アメリカの大草原に絶望が吹き荒れるとき、/

and depression across the land, /
そして大恐慌が国を覆ったとき、/

she saw a nation conquer fear itself / with a New Deal, /
彼女は国が恐怖そのものを克服する様を目撃しました /「ニュー・ディール政策」を伴った(克服)を

new jobs, / a new sense of common purpose. /
新しい仕事と / 新しく共有する目的意識をともなって

Yes we can.
私たちにはできるのです。

When the bombs fell on our harbor /
この国の湾に爆弾が落下し(=パールハーバーのこと)、

and tyranny threatened the world, /
独裁が世界を支配しようとしたとき(=ヒトラーのこと)

she was there / to witness / a generation rise to greatness
クーパーさんはそこにいました / 目撃者として / 国民が立ち上がり偉業を達成し

and a democracy was saved. /
そして民主主義が救われるのを(目撃者として)

Yes we can.
私たちにはできるのです。

She was there for the buses in Montgomery, /
クーパーさんはモンゴメリでバスが黒人を差別するのを知り、

the hoses in Birmingham, /
バーミングハムでの(警官が消火用)ホース(の水でもって黒人を抑圧する)(ときもそこにいた)、

a bridge in Selma, /
セルマの橋(のときもそこにいた)、

and a preacher from Atlanta /
そしてアトランタから牧師がやってきた(ときもそこにいた) /

who told a people / that “We Shall Overcome.” /
(その牧師は)人々に語った /「私たちは克服する」と

Yes we can.
私たちにはできるのです。

A man touched down on the moon, /
人が月面に着陸し、

a wall came down in Berlin, /
ベルリンでは壁が崩壊し、

a world was connected / by our own science and imagination. /
世界はつながりました。/ われわれの科学と想像力によって

And this year, / in this election, /
そして今年、/ この選挙で、

she touched her finger to a screen, / and cast her vote, /
彼女は指でスクリーンに触れ、/ そして投票したのです。

because after 106 years in America, /
なぜならアメリカで106年生きてきて、

through the best of times / and the darkest of hours, /
幸せな時代を通じて / もっとも暗い暗い時代(を通じて)、

she knows / how America can change. /
クーパーさんは知っている / アメリカがどれほど変われる国なのか

Yes we can. /
私たちにはできるのです。

America, we have come so far. /
アメリカよ、私たちはこんなにも遠くまで歩んできました。

We have seen so much. /
こんなにもたくさんのことを見てきました。

But there is so much more to do. /
しかしまだまだ、やらなくてはならないことはたくさんあります。

So tonight, / let us ask ourselves — /
だから今夜、/ 自分に問いかけましょう

if our children should live to see the next century; /
もしも自分の子供たちが次の世紀を目にするまで生きられたとしたら

if my daughters should be so lucky to live / as long as Ann Nixon Cooper, /
もしも私の娘たちが幸運にも生きられたとしたら / アン・ニクソン・クーパーさんと同じくらい長く

what change will they see? /
(娘たち)どんな変化を見るのでしょう? 

What progress / will we have made?/
どれだけの進歩を / 我々はできるでしょうか?

This is our chance / to answer that call. /
これは私たちのチャンスです / その問いかけに答える

This is our moment. /
今こそが私たちの瞬間です。

This is our time, / to put our people back to work /
今こそが私たちの時です / 人々がまた仕事につくという(時代)

and open doors of opportunity / for our kids; /
そしてチャンスの扉を開く時です / 私たちの子供たちのために

to restore prosperity / and promote the cause of peace; /
繁栄を取り戻すために / そして平和を推進するために

to reclaim the American dream / and reaffirm / that fundamental truth, /
アメリカの夢を取り戻し / そして再確認するために / 基本的な真理を

that, out of many, we are one; /
大勢の中にあって、私たちはひとつなのだと。/

that while we breathe, / we hope. /
息をし続ける限り、私たちは希望をもち続けるのだと。
And where we are met with cynicism and doubts /

and those who tell us / that we can’t, /
そして人々に対して / そんなことできないという(人たちに対しては)

we will respond with that timeless creed /
私たちは答えましょう / あの不朽の信条でもって
that sums up the spirit of a people: /
ひとつ国民の魂を端的に象徴する(という信条で)

Yes, we can.
私たちにはできるのです。

Thank you. / God bless you. /
ありがとう。/ 神様の祝福を。

And may God bless the United States of America. /
そして神様がアメリカ合衆国を祝福しますように。

音読用スクリプトだけで音読してみよう

日本語訳を確認して、演説の意味や分からない単語の意味が分かるようになったら、いよいよ最終段階です。日本語は見ず、区切りだけのスクリプトを使って音読してみましょう!

To those — / to those who would tear / the world down: /
We will defeat you. /

To those / who seek peace and security: / We support you. /
And to all those / who have wondered / if America’s beacon / still burns as bright:

Tonight / we proved once more / that the true strength of our nation /
comes not from the might of our arms / or the scale of our wealth, / but from the enduring power of our ideals: /
democracy, / liberty, / opportunity / and unyielding hope./

That’s the true genius of America: / that America can change.
Our union can be perfected. /

What we’ve already achieved gives us hope / for what we can / and must achieve tomorrow. /
This election had many firsts / and many stories / that will be told for generations. /
But one that’s on my mind tonight’s about a woman / who cast her ballot in Atlanta. /
She’s a lot like the millions of others / who stood in line / to make their voice heard in this election / except for one thing: / Ann Nixon Cooper is 106 years old. /

She was born / just a generation past slavery; / a time / when there were no cars on the road / or planes in the sky; / when someone like her couldn’t vote for two reasons — / because she was a woman / and because of the color of her skin.

And tonight, / I think about all that she’s seen / throughout her century in America — / the heartache and the hope; / the struggle and the progress; / the times we were told / that we can’t, / and the people / who pressed on / with that American creed: /

Yes we can. /

At a time / when women’s voices were silenced / and their hopes dismissed, / she lived to see them stand up / and speak out and reach / for the ballot. /

Yes we can. /

When there was despair in the dust bowl / and depression across the land, /
she saw a nation conquer fear itself / with a New Deal, / new jobs, / a new sense of common purpose. /

Yes we can.

When the bombs fell on our harbor / and tyranny threatened the world, /
she was there / to witness / a generation rise to greatness and a democracy was saved. /

Yes we can.

She was there for the buses in Montgomery, / the hoses in Birmingham, / a bridge in Selma, / and a preacher from Atlanta / who told a people / that “We Shall Overcome.” /

Yes we can.

A man touched down on the moon, / a wall came down in Berlin, / a world was connected / by our own science and imagination. /

And this year, / in this election, / she touched her finger to a screen, / and cast her vote, / because after 106 years in America, / through the best of times / and the darkest of hours, / she knows / how America can change. /

Yes we can. /

America, we have come so far. / We have seen so much. / But there is so much more to do. /
So tonight, / let us ask ourselves — / if our children should live to see the next century /
if my daughters should be so lucky to live / as long as Ann Nixon Cooper, /
what change will they see? / What progress / will we have made?/

This is our chance / to answer that call. / This is our moment. /
This is our time, / to put our people back to work / and open doors of opportunity / for our kids / to restore prosperity / and promote the cause of peace / to reclaim the American dream / and reaffirm / that fundamental truth, / that, out of many, we are one; / that while we breathe, / we hope. /

And where we are met with cynicism and doubts / and those who tell us / that we can’t, /
we will respond with that timeless creed / that sums up the spirit of a people: /

Yes, we can.

Thank you. / God bless you. /
And may God bless the United States of America. /

---------------------------------
(ひとつの文章を1日数回、合計50回の音読が目標です!ぜひ頑張ってください!)

SHARE
シェアする

ブログ一覧