Topへ戻る

INFORMATION NEWS/お得情報

HOME // NEWS/お得情報 // セブ島留学は英語初心者にも最適!その理由とおすすめ校

CATEGORY


お知らせ ブログ

セブ島留学は英語初心者にも最適!その理由とおすすめ校

セブ国際空港お出迎え セブ島留学のスタートは空港到着時のお出迎えから。英語初心者でも、海外が初めてでも安心です!

ここでは、英語初心者の方や海外がはじめてだけど英会話の勉強をしてみたい方に、セブ島留学の内容を具体的にご紹介します。ぜひセブ島留学で英語力アップのきっかけをつかんでください!

目次

セブ島留学は、英語初心者にも最適!

セブ島留学マンツーマン

英語の勉強を考えていて、セブ島留学にたどりいた方も多いと思います。

英語の初心者の方や、海外が初めての方にセブ島留学が魅力でおすすめなのはずり下記の3点が理由です。

① 料金が欧米の約半額とお手頃!
② 近場のリゾート環境なので年中気軽に行ける!
③ マンツーマン中心でレベルに合わせたレッスン!

ここでは③の英語初心者でも大丈夫という点をより詳しくご紹介しますね。

◆特にこんな方はぜにこのブログを確認して、グローバルクリックにお気軽にお問い合わせください。 留学時の注意点や、英語の勉強方法アドバイス、ベストな学校選びまでお手続き費用無料でサポート致します。

1.『英語の勉強をはじめたいけどどこからスタートしていいかよくわからない。』

2.『かなり前に学校で英語を習っただけで、実際にはほとんど会話できない。でも興味がある!』

3.『海外旅行や、日本にいてもたまに外国人に道を聞かれるので、英語を少し話せるようになりたい。』

4.『仕事やアルバイト先でもし少し英語が話せたらという機会がたまにある』

5.『今後ワーホリや、海外で生活してみたいので、基本的な英会話をマスターしたい!』/span>

英会話初心者・海外初めてでも本当に大丈夫?

セブ空港お出迎え

英語が苦手だったり、ぜんぜんまだ会話ができないひとでも、「Hello!」や「How are you?」、「My name is Taro.」くらいはわかると思います!

日本人ならだれでも中学校や高校でそれなりに英語の授業を学んでいますので、英語力ゼロというひとは実はまずいないのです。「Hello!」や「How are you?」、「My name is Taro.」この3つができるだけでも、もう英語生活がスタートできます!
もちろん、もっとたくさん英語が話せれば行動範囲も広がり、様々な世界のひとともコミュニケーションできますので、英語力をつけることは自分の世界を広げることにもなります。

そんな英語力を基礎から身に着けたい方に、セブ島留学は最適です。英語初心者でも海外初めてでもOKです。
その理由は....

1.空港お出迎えから日本人スタッフが学校までご案内、学校内でもいつでも相談できる。
2.マンツーマンレッスン中心なので、個人個人のレベルに応じてテキストや先生が授業内容を合わせてくれる。
3.フィリピンの先生はとても明るく、日本人になじみがあるので英語が初めてのひとでも分かりやすい。

この3点が英語初心者・海外初めての方でもセブ島留学がおすすめな理由です。もう少し詳しく確認すると下記になります。

<空港お出迎え>
とにかくセブ島の空港に到着すれば、出口で日本人スタッフがお出迎えしているので留学生活が安心してスタートできます。セブ島入国は概ね日曜です。日曜日は学校や周辺でリラックスしましょう!

<初日もしっかりサポート>
また、学校の初日は日本語によるオリエンテーション(説明)があり、そのあとに同じ週にスタートする日本人学生と一緒に近くのショッピングモールに買い出しや両替にも行くので、学校の外にも安心して行けます。
まずはこの初日でセブ島の学校内や周辺環境になれることができるのも利点ですね!
授業は多くの場合は2日目の火曜日からスタートです。(1週間コースなどは初日からレッスンがあります)

<レッスンはマンツーマン中心>
初日のオリエンテーションのときに、簡単な英語レベルのチェックがあります。筆記のあと先生との会話を少し行います。ここでテキストや授業レベルが決まります。

フィリピンの先生はみんなとても明るい先生ばかりです。欧米によくある、いきなりネイティブのスピードでバンバン話しかけてくることはまずありません。分かりやすい英語で、ゆっくり何度も話してくれます。間違えても気にせず、単語からでもいいので、徐々に会話をしてみましょう!

一般的なコース(ESLコース)の場合、平日1日8コマ(1コマは45分か50分)のうち4コマがマンツーマン、4コマが小グループのレッスンというケースが多いです。小グループでは、日本以外にも台湾・韓国・ベトナム・タイなどからの学生が来ていることが多いので、片言の英語でもいいので話しかけてみてください。

<学校には日本人スタッフ>
せっかく留学したので、できれば英語だけの環境もいいのですが、まだまだ英語だけでは心配な場合は、何か相談事があれば学校内の事務局に必ずひとりはいる日本人スタッフに気軽に相談しください。学校には、正社員としいて勤務しているマネージャーさんと、インターンシップとして働いている学生スタッフもいます。学生スタッフは、自らも半分授業をうけながらインターン生としても半分働いているので、初心者学生の悩みにもいろいろ対応してくれることが多いです。ぜひ気軽に話しかけてください。

というわけで、空港到着・初日オリエンテーション・授業内容・学校の日本人スタッフと、英語初心者・海外初心者でも十分安心して留学生活が過ごせる環境が整っているのがセブ島語学学校です。

グローバルクリックでは、セブ島語学学校の中でも特にこの条件が整った学校とのみ提携しています。
英会話初心者・海外初めての方にもおすすめ校がたくさんありますので、ご自分に合いそうな学校をぜひ見つけてください。

英語初心者でどのくらい身に着くの?留学環境4パターンを比較

セブ島留学が、環境や施設面で初心者にも向いていることが分かりましたが、では一体セブ島留学で英語力がどのくらい身に着くのでしょうか?

これはもちろん、それぞれのひとのスタート時の英語力や、現地での勉強の内容、学校の授業内容などさまざまな要素が関係してきますので、必ずこのレベルになるとは言い切れません。ここでは英語力上達に関連する ” 環境 ” に焦点をあてて、『セブ島留学環境の4つのパターン』をご紹介します。

それぞれどのパターンもセブ島留学では選択可能です。セブ島留学の際のご参考にされてみてはいかがでしょうか。

① 英語初心者でも、完全に英語環境でがんばるタイプ:スパルタ環境

とにかく、自分を追い込んで少しでも早く英語力をアップさせたい方には、朝から晩までほぼ完全に英語環境となるスパスタ式のコースがおすすめです。語学学校の中には、EOP(English Only Policy)といって、休憩時間や一定のエリアでは英語しか話してはいけないというルールを設定している学校もあります。
英会話がまだまだほとんどできない方でも、思い切ってこの環境に入ることも可能です。
でも土日は自由時間ですので、セブ島のリゾートを満喫などリフレッシュもできますので、平日と週末のメリハリをつけて生活するこのタイプにチャレンジもいいかもです!

② 日本人もある程度いるが、日本人以外もいて、海外ならではの環境も味わいながら英語を学びたいタイプ:セミスパルタ環境

多くのセブ島の語学学校が、日本人以外にも台湾・韓国・ベトナム・タイ・中国が滞在しています。まれにロシア・モンゴル・中東などからの学生もいます。寮に泊まることが一般的ですので、2人部屋以上の場合は多くの場合日本人以外の学生と相部屋になるので、異文化環境にも接しながら英語環境を体験できます。
スパルタ環境までは英語オンリーではないけれど、日本語も話せる環境で極力英語環境なのがこのセミスパスタの環境で、セブ島留学のメイン・特徴ともいえるかと思います。

③ 日本人が多めで、ある程度日本語が多くなっても安心してじっくり英語を勉強するタイプ:セミスパルタ・日本人多めの学校

セミスパスタ式でも、日本資本の学校では日本人比率がかなり多い学校もあり、周りに日本人が多いほうが安心するという方には日本資本の学校がおすすめです。グローバルクリックでは、日本人比率が50%以上の学校とは提携していませんが、それでも40%~50%が日本人の学校もあります。

日本人があまりに多いと、昼食・休み時間・休日などで日本語に接する時間がどうしても多くなるので、①や②の環境よりも英語力が身に着く時間がかかったり、英語脳になる機会が減ることが考えられますが、まずは無理なく日本人多めがいいという場合はこの環境もよいかと思います。

④ せっかく海外に来たので、英語だけではなく現地の環境やリゾートも満喫したいので、レッスンは半日くらいでOKなタイプ:セブ島満喫タイプ

親子留学で来たお父様やお母様、観光やリゾートもじっきり満喫したいという方には、平日でもレッスンを半日程度にして、午後や土日は授業ではなくセブ島そのものを体験しながら英語に触れるというのも良いかと思います。

以上、英語学習環境の4つのパターンを比較してみましたが、ご自分に合いそうな環境はどれになりそうですか?
①が必ず一番伸びるとは限りませんが、英語に触れる機会が多いほうが伸びる可能性は高いと言えるかと思います。グローバルクリックでは、早期に英語力を伸ばしたい方には特に①もしくは②をおすすめしていますが、留学目的によって③や④もいいかと思います!

英語会話上達に必要な期間は?

英語を学ぶ環境4つを上記で確認しましたが、英語力がどのくらい伸びるのか、ここでは期間によっての会話力上達イメージを記載してみました。

◆セブ島は時間数・授業の質ともに高い!

セブ島の語学学校では、概ね1コマ45分もしくは50分の授業を1日8コマから10コマ行います。
他の国(カナダ・イギリス・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドなど)と比較すると、1週間あたりの授業数で、セブ島が40コマから50コマなのに対して、他の国では平均して25コマから35コマと20%以上も少ないことが多いです。時間数だけをとっても、セブ島語学学校は英語力アップの機会にあふれていると言えそうです。

また、セブ島留学では、1日の半分以上がマンツーマンがとうこともあり、他の国(カナダ・イギリス・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドなど)に留学して15人から20人のグループレッスンを繰り返すよりも格段に英会話力が身に着く可能性があることは言えるかと思います。授業の質の面でもセブ島に軍配があがりそうです。

では、セブ島語学学校でどの程度べ供すれば英語力がアップするのでしょうか?
下記は、あくまでもこれまでグローバルクリックで留学した学生や、現地を視察・取材した中で得た情報などをもとにした総括ですが、ご参考にされてみてはいかがでしょうか。

【セブ島留学での英会話力上達目安】

<1週間~2週間>
:英語を話す機会を得ることで、英語で発言することに慣れる期間。
この期間で圧倒的に英会話力が伸びるひとは少ないが、基本的な会話をたくさん話すことで、英語への抵抗感が少なくなったり、簡単な英語での会話ができるようになる。

<3週間~4週間>
:英語で発言することに慣れて、少しくらい間違えていても自分の意見を伝えられるようになる期間。新しい英語表現方法も先生や周りの学生から吸収し、自信がでてくる人や英語で夢を見るひとも。かなり環境にもなれるころなので、もう少し長くいたかったと思う人が一番多いののこの滞在期間。

<2ヶ月から3か月>
:2ヶ月から3か月となると、先生の言っていることはかなり理解できるようになり、自分の会話も少しずつ長めになる期間。カフェなどで他の国の学生と話していても頭の中で日本語で考えることがどんどん減っていく期間。早いひとだと英語脳にかなりの部分切り替わるひともいる。一方で、環境に慣れすぎてあまり英語で発言しなかったり、日本人と日本語を多く使用していると、なかなか英語脳にならないことも。目的もしっかりもって、自ら英語を積極的に使うことで伸びが大きく変わる大切な時期。

<4か月から6ヶ月>
:初心者でもかなり自信をもってくる時期。すでに3か月以内で簡単な英会話ができるひともいるが、継続して高い意識でレッスンをしたり、授業以外でも英語を積極的に使用していると、日常会話は概ね大丈夫になるひとも多い。他の国で半年グループレッスン中心で学んだ場合よりも格段に上達できるのがセブ島留学の醍醐味。

<6ヶ月以上>
:セブ島での生活や英語にもかなり慣れている時期。ある程度日常会話に自信がついたら、フィリピン以外の環境でも英語を試すなど、英語の幅を人げたい時期。イギリス英語やアメリカ英語にも積極的に接しながら世界のいろんな国のひとの英語に慣れていきたい時期。

概ねこのようなイメージです。必ずしもすべてのひとに当てはまるわけではないですが、できれば2ヶ月から3か月滞在して、思い切って英語環境に自分を追い込んでみると想像以上に英会話力がついたり、英語だけ反応している自分に気づくかと思います!

TOEICコスアアップに必要な期間は?

英語を基本から勉強する方におすすめなのか、TOEICです。
TOEICに関しては、中には「TOEICスコアが高くても会話ができない」というひともいますが、TOEICには2つのメリットがあります。

① 英語基礎力の上達レベルが簡単に測れる
② 就活・就職・転職にも効果あり!


TOEIC以外にもTOEFLや英検、さらに最近ではIELTSなどの英語試験も有名ですが、基礎から初めて気軽に英語力アップを点数で確認できるという点で、TOEICはおすすめです。

TOEICは990点満点のReading & Listening(読み取りと聞き取り)の試験が一般的で、日本では今でも多くの企業でTOEICスコアが採用や昇進の基準になっています。

初心者から始めた場合、まずは500点を早期でめざして、その後600点、700点、800点と概ね100点刻みで目標おをたててクリアしていくのも良いかと思います!

700点あれば英語の中級、800点台になるとかなりしっかりと英語を勉強しているという評価が得られるかと思います。600点前後でも十分英語基礎力がありますので会話などにも生かせます。

では、セブ島留学でこのTOEICに集中して勉強した場合どのくらい伸びるのでしょうか?
上記写真は、ある語学学校の実際のTOEICスコアの履歴を記録したものです。
1ヶ月(4週間)で約150点アップ、2ヶ月(8週間)で約250点、3か月(12週間)で約280点アップという、日本で一般的にコツコツと勉強してスコアを伸ばす場合と比較して何倍も速いようです。

すべての人がこの成果がでるものではないですが、セブ島の実績校でTOEICと英会話に焦点を当てて勉強した場合には、TOEICスコアが600点未満の方であれば、概ね1ヶ月で100点、2ヶ月で200点ほど伸びる可能性があると「いえるかと思います。

英語初心者でTOEIC300点から400点未満からスタートした場合、600点到達には2ヶ月から3か月、700点到達には3か月から半年が目安と言えるかと思います。ご参考にされてください。

初心者におすすめなスパルタコースの学校は?

ここでは、上記で確認した4つの留学タイプ別に、英語初心者の方におすすめな語学学校をご紹介します。
ご自分はどのタイプで、どの学校が良さそうかぜひ比較してみてください!
まずは、英語環境に朝から晩までどっぷりと浸りたい方むめのスパルタコースの学校を3校ご紹介します。

平日朝6:40から夜21:30まで!セブ島で最も授業時間数の多いSMEAG

SMEAG

セブ島の語学学校で最も1日あたりの授業時間が長く、スパルタ校として有名なのがSMEAG(エス・エム・イー・エー・ジ―)です。

スパルタの理由は何と言っても1日620分に及ぶ授業です。朝の朝食前からスタートする勉強はまさに英語の訓練学校そのもの。やる気があって、常に挑戦する方には英語が短期に伸びるシステムとなっています!

SMEAGには校舎が3つありますが、英語初心者でしたら、クラッシックキャンパスかスパルタキャンパスがおすすめ!この二つの校舎はセブ市内中心部にあって校舎がとなりどうしです。

写真は休憩所の様子で、スパスタ校といっても、しっかり休憩できるスペースもありプールやジムもあります。

そして食事は日本人料理長がメニュー作りを行っているので日本人にも合う内容でしかも毎回メニューが違うバイキングスタイル!好きなだけしっかり食べて勉強するスタミナをつけましょう!

平日外出不可。毎日エッセイ添削もあり、やや郊外のヨーロピアンな校舎が特徴のCG Academy

CG Academy

ヨーロッパ調の校舎・宿舎と目の前の大きなプールが特徴のCGアカデミーのスパルタキャンパスは、セブ市内から西に約30分ほど行った少し郊外のタリサイというとても落ち着いた地域にあります。

平日げ移出禁止のスパルタ校では、英語初心者でもしっかり個別にレッスンできるので安心です。
学校は国籍比率がバランスよく、日本・韓国を中心に台湾・ベトナム・中国からの学生もいます。

毎日のエッセー添削もあり、最初はなかなか書けなくても、慣れれば1ページくらい書けるようになるひとも多く、英語初心者にもおすすめの学校です!

初めての海外でここの学校に行った人も、また半年後に留学するなどリピーターも多い人気校です!

施設は最高レベルで人気。でもスパルタコースは朝夕のクラスも参加必須のEV Academy

EV Academy cafe

セブ島の語学学校で最人気を誇るのが、EVアカデミー。写真は校内のカフェの様子です。

300人近い学生収容数を誇り、施設はレッスンの部屋・寮・カフェ・食堂・ナイトプールなど、どれをとってもセブ島で最上級!

このEVアカデミーは、半年前以上前から予約が殺到するので早めの申し込みが必須です。

コースは、朝と晩のオプション授業参加が必須で平日外出禁止のスパルタコースと、朝番の参加は必須ではなく平日夕方以降外出可能なセミ・スパルタコースがあります。

もちろん英語初心者でも個人のレベルに応じてテキストと授業内容が編成され、日本人スタッフも常駐なので安心です。でも、現地で英語力を伸ばすならできるだけ基本的な英語文法や単語は留学前に勉強しておくこともおすすめします!

英語初心者におすすめなセミ・スパルタコースの学校は?

英語初心者でセブ島留学をする場合、スパルタコースで一気に英語環境にはまる方法以外にも、「マイペースで英語の勉強したい、でもしっかりやりたい!」。そんな方におすすめなのがセミ・スパルタ方式と呼ばれる、スパルタコースを少しマイルドにしたコースがあります。

スパルタコースが、朝から晩まで英語勉強に浸るのに対して、このセミ・スパルタコースは、朝の朝食前の参加必須の英語授業もなく、夕方に授業が終われば外出も可能。でも授業は1日平均8コマとしっかりやるので、多くの英語初心者の方にも選ばれています。

そんなセミ・スパルタコースで特におすすめな学校をご紹介しますね!

セブ島で3年連続最優秀校の教育水準の実績!フィリンター

Philinter

迷ったらフィリンター!!

朝から晩まで外出不可で勉強するのがスパルタ式だとしたら、そこまで厳しくなくても英語力をしっかりあげるのが、フィリンターの教育システムです。

レッスンはもちろん英語初心者の方でも安心の個人ごとのレベルに応じた設計です。文法・聞き取り・読解・会話などの各レッスン科目の先生以外に、学生ひとりにひとりの先生が付くバディ―システムという家庭教師のような仕組みがあるのが特徴です。

授業も1日8コマが基本で、一日中ぶっ続けではなく1コマは空き時間があり、朝番のオプションクラスも必須でなく、夕方以降は外出もOKなので無理なく留学生活を送れます。

何と言っも、フィリンターは3年連続セブ島最優秀校をとっただけあり、その教え方にも定評があります。
出身国ごとの英語の特徴をしっかり把握していて、日本人特有の英語の発音や文法の苦手な部分などもしっかり対応できる仕組みがあります。

フィリンターの日本人スタッフのみなさんはとても親切で現地をよく知るので、これも安心材料です。
最初の海外、最初の留学、英語初心者でもしっかり安心のフィリンターです!

ビーチ沿いのホテル環境で授業のレベルも高い!Blue Ocean

ブルーオーシャン校

せっかくのセブ島留学、英語もリゾート感覚もしっかり味わいたい!そんな方におすすめなのが空港のあるマクタン島からビーチ沿いに15分ほど行った海岸沿いにあるブルーオーシャン校です。

ブルーオーシャン校は、ホテル併設で施設もとても整っていて、学校1Fにあるカフェでの勉強もとても居心地がいいと評判です。

授業は2週間単位での受け入れをしていて、初日にレベルチェックがあり、英語初心者にもしっかり対応できます。
多くのセブ島の語学学校はセブ市内周辺にあって、セブ島と言っても海をすぐに味わえる環境ではないですが、このブルーオーシャン校は休み時間ごとにセブ島のリゾートの雰囲気を感じることができます!

やや郊外で綺麗な校舎、総合的にバランスがいいCPI

プール

セミ・スパルタ校の3校目のご紹介はCPIです。
写真を見てもわかるとおり校舎・宿舎が大きく、プールではダイビングのライセンスも取得できます。

セブ市内からタクシーで15分ほど北上した山に行く手前にあって、落ち着いた環境にあるので、シティに近いのにとても静かで英語勉強にも集中できる環境です。

授業は英語の各科目ごとに英語初心者にもしっかり対応していて、食事もおいしいと評判です!

初心者におすすめな日本人が多めの学校は?

さて、スパルタ校とセミ・スパルタの学校をこれまでご紹介してきましたが、ここでは日本からの学生が比較的多い学校をご紹介します。

「留学といっても、海外からの学生ばかりだとちょっと心配。でも日本人だけだとせっかくの留学がもったいない。」そんな微妙に難しい注文にもお答えするのがこれからご紹介する2校です。

日本人比率は概ね40%~50%です。もちろん日本人スタッフも常駐、警備も24時間で安心です。

土曜日午前中にも授業あり!C2 UBEC

C2 UBEC

やや郊外で、まさにセブ島!フィリピン!といった雰囲気のあるのが C2 UBEC校の校舎(タランバンキャンパス)です。
セブ市内から車で20分ほどと、やや郊外にさしかかったところになるので、とても落ち着いた環境です。

日系の学校ですが、日本人が40%~50%ほどと多すぎず、海外が初めての方や英語の初心者に方にも向いています。
学校には日本人スタッフが数名常駐しているのも安心です。

C2校は、特に単語の勉強も毎日のレッスン以外にもあって、基礎力を底上げすることの重要さをよく認識しているので、まさに英語初心者にも向いている学校です!

土日にはマングローブ植林や孤児院のボランティアも、CDU ESL

CDUESLのカフェ

日本人比率が多めでおすすめの学校の2校目は、セブ医科大学付属語学学校であるCDU ESLです。
CDUは、Cebu Doctors Universityの頭文字をとたものです。

セブ島の中でも特に治安のいい地域にあり、徒歩圏内にカフェやレストラン、ショッピングモールもあります。

1コマ50分で1日8コマが一般的なコース設定です。日本人マネージャーもいて、ちょっとしたことにもしっかり対応してくれます。

夏休みと春休みはやや日本人比率があがり、50%を超えることもありますが、台湾・ベトナム・韓国などからの学生もいるので、バランスのいい授業と異国すぎない国際感覚が魅力で、はじめての海外、英語初心者の方にもおすすめの学校です!

英語初心者の方、海外がはじめての方も、お気軽にグローバルクリックにご相談ください。

以上、英語初心者の方のセブ島留学をご案内してきましたがいかがでしょうか。

グローバルクリックでは、留学相談はもちろん、英語の勉強方法のご相談も常に無料です。
セブ島も英語の勉強に関してもぜひお気軽にお問い合わせください!

SHARE
シェアする

ブログ一覧