Topへ戻る

INFORMATION NEWS/お得情報

HOME // NEWS/お得情報 // セブ島留学は学校選びで決まる!成功者続出の学校選びのコツ

CATEGORY


ブログ

セブ島留学は学校選びで決まる!成功者続出の学校選びのコツ

セブ島語学学校選び

<語学留学は学校選びで大きな差が出る!>

短期間で英語がの伸びて、しかもリゾート満喫で値段も欧米の約半額という人気のセブ島留学。でも全員が英語力を伸ばして帰国しているわけではないようです。この理由の一つに間違った学校選びが考えられます。

では、セブ島留学に成功しているひとと、失敗氏は人での学校選びは何が違うのか、ここではセブ島留学でしかkり英語力を伸ばすための学校選びについて解説します。(2020年3月29日掲載)

目次

学校選びで結果と満足度に差が出るセブ島留学の重要ポイント

EV Academyエントランス

語学留学は、1年や2年になることは稀ですが、それでも一生の中で何度もいく機会のある海外旅行とは違い、絶対に失敗したくない大切な人生イベントですね。

学留学をする目的の第一は、『語学力を伸ばす』ことにありますが、留学先を検討するうえで、「どの国にしよう」と迷って、「ネットを見過ぎて選びきれない」「お金がやはり少し足りない」「大手の留学エージェントなら安心かも」などいろいろと留学先を選ぶときに悩む事項があるかと思います。

そして、最終的に【セブ島留学がいい!】という結論にたどり着いたひとの次の選択肢は、「どの学校にしよう?」です。そこで多くの方がネットで検索した留学エージェントを訪問することになるのですが・・・

日本から年間1万人以上がセブ島留学に訪れますが、中には「結局日本人どうしで遊んでしまった...」「学校の環境や先生のレベルが聞いていたことと違った」というケースもあります。

ではまず、学校選びの際の重要ポイントを整理して、そのあとで、失敗パターンと成功例を確認してみたいと思います。

ポイント① 留学エージェント選び、『大手だから安心』は禁物!(逆に要注意)

セブ島留学での学校選びで大きな影響力があるのが、あなたの選んだ留学エージェントです。

留学エージェントに行く際には、セブ島語学留学がはじめてのひとがほとんどですので、セブ島留学の基本から、おすすめ学校まで、訪問した留学エージェントの言われるがままに決めてしまうひともいます。

下記は、よくある留学エージェントの誘い文句の特徴です。

X『大手なので安心してください!』
X『うちは日系の語学学校と提携しているので安心です!』
X『値段はどこよりも安い最低料金です!』

さて、これらの宣伝文句があなたの英語力アップにどれだけ重要なのでしょうか???
実際のところは、下記のような実態も良く聞かれますのでご注意ください。

X『大手なので安心してください!』
➡たくさんの語学学校と提携し過ぎていて、担当者がすべてを詳しく把握していない。

X『うちは日系の語学学校と提携しているので安心です!』
➡せっかくの留学なので日本人だらけで、毎日ほとんど日本語ばかり話していた。

X『値段はどこよりも安い最低料金です!』
➡施設がかなり古くて居心地悪く、先生のレベルもいまいち。

では、どのようなエージェントがおすすめでしょうか。下記は成功者の多いエージェントの一例です。

『現地の学校と常に連携した最新情報を持っている』
『留学前後も英語勉強だけでなく、さまざまなサポートをしている』
『提携先学校に独自の選別基準があり、いい学校とのみ提携している』
『留学カウンセラーに英語力があり、セブ島留学以上のアドバイスができる』

実際に、今年世界を揺るがせている新型コロナによるセブ島での国際線運航停止の際にも、情報をつかんでいないで、連絡もしない大手エージェントもいたそうです。大手だから安心は禁物です。

実際に留学カウンセラーとあったり、対応力や情報力を見てから信頼できるところで学校を決ましょう。
上記のポイントをひとつではなくすべて網羅しているエージェントが学校選びで成功するひとつの鍵となりそうです。

ポイント② マンツーマンレッスンのお部屋の環境(意外と大事!)

セブ島, セブ島留学, セブ島語学留学, CDU, 校舎, 校内, マンツーマン, 教室

英語力を伸ば際に、意外と重要なのは、どんなお部屋環境でレッスンを受けるかという点があります。

あなたは下記のどちらが英語力が伸びると思いますか?

A. 「マンツーマンレッスン中心で、お部屋は仲間が頑張っている様子が聞こえるオープンな教室。」

B. 「マンツーマンレッスン中心で、先生と一対一の個室。」

答えは、Bです。

ある留学エージェントでの説明で、「スタバのようにある程度ざわざわしたオープンな環境がより集中できるという脳科学のデータがあります。」というまるで英語学習はカフェでするようが良いというような説明をされたことがあると良く聞きますが、これはかなり危険です。
先生の発音や会話がよく聞こえて個室環境のほうがより英語学習に集中できるケースのほうが多いです。エージェントの口調に乗らないように注意が必要ですね。

セブ島の語学学校では、マンツーマンレッスン中心がひとつのおすすめポイントですが、どんな環境でマンツーマンレッスンをするのか、オープンな環境や半個室で周囲のざわざわがうるさい学校は避けたほうが良いかもしれません。

ポイント③ 学校施設と運営体制

EV Academy cafe

3つ目の学校選びのポイントは、学校施設と運営体制です。

セブ島には大小さまざま100校近くの語学学校があります。その中でも安心して留学を過ごしつつ、英語力が伸びる自分にあうベストな学校を選ぶのはなかなか大変です。

そんなときに、施設・運営体制で学校を絞り込んでみるのも重要な手段です。エージェントに頼りすぎず、下記のチェックポイントが網羅されているかもぜひ確認してみてください。

<1>授業・宿泊・食事・ジムやカフェなどの施設が一体のキャンパス型

➡レッスンを受けるのに、朝や夜に通学するようでは、セブ島留学では時間のロスとなるばかりか、治安面でもなにかと不安がある場合はあります。フィリピンの中でもリゾートで安全と言われるセブ島でも絶対はありません。すべての要素がそろったキャンパス型の学校がおすすめです。
特に、カフェで勉強できる環境があると、リフレッシュにもなります。(写真はふ校内のカフェが特に居心地の良いEVアカデミーです。)

<2> 学校に日本人スタッフがいるの当たり前

➡セブ島の語学学校には、主に日本・韓国・台湾・ベトナム・タイ・中国などからの留学生がいます。稀に中東・ロシア・モンゴルなどからも留学生がいます。何か困ったときに気軽に聞ける日本人スタッフがいることは安心安全に留学期間を過ごすためにはプラス要素で不可欠です。留学中にも随時ラインで連絡をタイムリーにしれくれるCELLAなどの語学学校もあります。

<3> 24時間警備と病院対応

➡ 海外では日本と同じ感覚で過ごすことは自らを危険にさらすことになります。これはどの国に行っても同じです。大きな事件はめったになくても、バッグをあけたまま歩いたり、スマホをカフェの机において机を離れるなどは、まさに「ものを盗んでください。」と伝えていることと同じだと思ってください。

そんな海外で安心して英語学習に専念するために、語学学校に24時間のセキュリティ体制があり、また、もし体調がすぐれないときに病院対応ができるスタッフや体制のある学校を選ぶことは重要です。

<4> 寮の大部屋は安いけど...

➡また、レッスン以外の時間の多くを過ごす寮選びも大事です。1人部屋から6人部屋まである学校ありますが、料金が格安な学校は多くが4人部屋や6人部屋の料金を打ち出しています。
いろいろな国の学生と過ごせていい反面、4人以上だと就寝時間や、朝のシャワーが混み合うなど、何かと生活リズムが合わないケースもあります。特に日本人が大半の日系学校で4人や6人部屋などはもうすでにそこは留学環境ではないですね^^;
おすすめは、日本人以外と過ごす2人部屋と3人部屋です!

ポイント④ 国籍比率!

学校選びの重要ポイントの4つ目は、学生の国際比率です。

セブ島留学は、マンツーマンのレッスンだけが重要要素ではなく、学習環境や寮生活、休憩時間や学校での食事時間など、どんな環境で過ごすかも英語脳に近づくうえでは重要なポイントです。

<注意!> 日本人が多すぎると、休み時間ごとに日本語になってしまう。

日系の学校は何かと安心な印象があるかもしれませんが、日本人が概ね90%以上の学校が多く、学校内で日本人ばかりでは、せっかくの留学も、日本の英語学校に行くのと大差はなく残念な結果(=英語が伸びない)で帰国することにもなりかねません。

国籍比率を必ず確認し、一つの国に偏った学校は避けるほうが、留学中に異文化環境に触れ、日本語から少し離れた環境でより英語脳に近づき、国際感覚を身に付けるという英語プラスアルファの要素もぜひ経験することをおすすめします!

日系の学校でも国籍比率のバランスのいい学校もあります。
実績校で国籍比率のよい学校は大体下記のような国籍バランスが多いです。ご参考にしてみてください。

日本 25~35%
韓国 20~30%
台湾 10~15%
ベトナム 5~10%
タイ 3~5%
中国 3~5%
その他 0~5%(中東・ロシア・モンゴルなど)

以上、学校選びの重要ポイント4つをぜひ確認してみてください。

学校選びで失敗する例

学校選びの重要ポイントを確認したうえで、ここでは、セブ島留学で失敗する学校選びの例をいくつかご紹介します。
あくまでも失敗することが多い例として取り上げていますので、必ず失敗するものではないですが、注意すべき事項としてご参考になればと思います。

学校選び失敗パターン1.格安料金にこだわりすぎる

セブ島留学のおすすめポイントの一つとして、留学費用が欧米にくらべて格段に安いことがあげられます。

欧米への語学留学は、レッスン数が週20~35コマ程度と少ないうえに、グループレッスンです。セブ島留学は、1週間で40コマのレッスンは普通でその約半分はマンツーマンレッスン。航空チケットも3万円台からと欧米の概ね半額というのが魅力です。

ここで注意したいのは、【セブ島留学の中でさらに最安値を探す】ことです。

すでにどの学校を選んでも概ね欧米よりも格段に安いのがセブ島留学ですが、その中でも特に安い学校を選ぶと、内容が伴わないケースがあり要注意です。特に超格安の学校には下記の特徴がある場合が多いです。

X『寮の部屋が居心地悪いうえに6人など大部屋』:これでは英語学習には集中できないですね。

X『講師のレベルが低い』:質の高い先生・講師の学校は、先生へのトレーニングやサポートも充実していて先生のレベルが高いのが特徴です。逆に料金の安い学校では先生はアルバイトで雇っていることもあり質が低い場合があるので良い注意です。

X『警備や施設が揃っていない環境』:低価格を追求するために、警備がおろそかになったり、学習や学習をサポートする施設(自習室やカフェ・ジムなど)が不十分な場合があると学習に専念できないことがあるので事前にチェックが必要です。

主には以上の3点が、超低価格学校で注意すべきポイントです。

セブ島留学は、1週間あたり5万円前後で授業・宿泊・食事・ジムやカフェ施設がセットになっています。
4週間で17~20万円、8週間で35~40万円というのが一般的です。(航空券除く)
参考にしてみてください。

学校選び失敗パターン2.日系の学校は安心だと思いこんでしまう

セブ島留学で、英語があまり伸びなくて帰国する学生の中でよく聞かれるのが、

『日本人ばかりで、あまり英語を話さなかった...。』という言葉です。

せっかくの海外留学で英語力が伸びないのは、目的が達成できずもったいないです。

日本人が多すぎるとどうしても日本語を話してしまうのは容易に想像できます。特にセブ島語学学校で日系の学校は、日本人比率が90%を超える学校が多く、グループレッスン・寮生活・食事・休憩時間・週末のオプションメニュなどすべてでほぼ全員がが日本人となります。これでは、英語脳になるスピードは英語環境がそろった学校と比較した場合格段に低いと思われます。。。

X【日系だから安心=英語が伸びる環境?】ではないことに注意して学校選びの参考にしてください。

学校選び失敗パターン3.留学カウンセラーの意見に従いすぎる

セブ島留学の学校選びで失敗する3つ目として、留学カウンセラーの言う通りの学校にしてしまうことです。
もちろん成功例もありますが、最初にリストした【学校選びのポイント】を確認せずに、留学カウンセラーのおすすめのまま留学した結果、英語力が伸びないで帰国するケースも聞かれます。
では、どうして留学カウンセラーのおすすめを鵜呑みにしてはいけないのでしょうか?

考えられる主な理由を3つあげたいと思います。

X【留学カウンセラーが現地学校に行ったことがない】

学校のことをよく知らないで学校をおすすめるのは、「自分は食べたことないけどおいしいから是非食べてみて!」というレストランのホール担当と同じです。

X【留学カウンセラーが英語があまり得意ではないことが多い】

先ほどの料理の例と同じで、料理がうまく作れないひとに料理がうまくなるコツを聞いても意味がありません。むしろ聞いても間違っている可能性があります。留学カウンセラーがどの程度英語力があってどう英語を勉強したか、またおすすめする英語学校での英語勉強がどうしておすすめなのか、ぜひ聞いてみましょう!

X【留学カウンセラーはお客様よりも自分のノルマ優先?】

また、注意したいのは留学カウンセラーも人だということ。ボランティアでやっているわけではないので、留学生のことだけを100%最優先でお話していないケースがあると、学校選びに影響するリスクが高まります。
具体的には、留学カウンセラーは毎月の受け入れ数や売上(粗利)の目標があることが多く、自分に有利な学校を優先しておすすめするのは、大手でカウンセラーが多めの留学エージェントにありがちな現象です。

複数の留学エージェントの担当にあって、それぞれからおすすめの学校とその理由を聞くか、もしくは信頼できる留学カウンセラーがいる留学エージェントを選ぶようにしましょう。

学校選びで成功した例(体験談)

セブ島留学の学校選びのポイントや失敗するパターンを確認した最後の段階は、実際にセブ島留学で成功した(=英語力が想定通りかそれ以上に伸びた)ひとの体験を知ることがヒントになります。

ここでは、セブ島留学で実際に英語力がしっかりと伸びた学生の帰国アンケートからのコメントをご紹介します。
英語が伸びた理由は学校選びだけでなく、もちろん本人の努力も大きいです。
ぜひ参考にしていただき、ベストが学校選びに役立てていただければ幸いです。

英語力が伸びた成功例1:4週間でTOEIC 175点アップで一気に700点超え!女子大2年生の優さんの例

セブ島語学学校CPILSに4週間留学した遠藤さんの体験記です

都内の女子大英文科2年生の優さんは、学校選びの際に、目標であるTOEICスコアアップ達成で実績のある学校を、施設や料金よりも優先して選びました。

留学先のシピルスは、セブ島で最初にできた英語語学学校で、現地の大学とも提携している実績十分な学校です。
TOEICコースは隔週での本番同様の模擬試験があり、また、セブ島で2校しかないTOEICの公式試験会場でもあります。

シピルスの授業では、個人個人が英語の個別科目(聞き取り・文法・読解・単語など)ごとにレベル把握し、毎週の成長頻度を確認しているので、それに達していないと追加の宿題などが課される徹底ぶりです。

ある意味、結果がでて当然の仕組みがそこには用意されているので、あとはそのプログラムをしっかりこんすことで短期に成果がでるように設計されています。

<帰国アンケートから> ---------------------------------

就活を直前に控え、セブ島でTOEICもコース4週間に行ってきました。

セブ島の語学学校にしたのは、スコアアップが短期に実現できる実績があり、留学期間も1週間単位で決められるためでした。学校選びは、自分に合ったコースがあるかどうか、またシピルスはリピーター率が高い学校と聞いていたのできっといい環境で勉強に打ち込めると思いました。

授業は、初日のテストでレベル分けがされるので自分に合った学習内容で授業を進めてくれます。マンツーマンでの授業が多くあり、日本より格安で質の良い授業が受けられることは最大の魅力だと感じました。授業は1時間ないのであっという間に終わってしまいます。それくらい先生との会話は楽しいです。

学校環境は、建物は古いです。ですが、それ以上に先生たちや学生が良い人ばかりなので慣れてくれば気にならなくなります。

今回グローバルクリックで申し込みをしましたが、急な申し込みでも親切に対応してくださいました。この機会にセブに行けたことに本当に感謝しています。

これかれから行く友人には、セブの観光も楽しみながら英語を勉強できることをアピールしたいです。授業は結構スパルタですが、それ以上に毎日が楽しすぎて充実していました。

英語のアップ実績としては、留学前に受けた最後のTOEICから175点アップしました!!
1ヶ月の留学でターゲットスコアを達成できました。
今回、本当にセブ島留学をしてよかったと思っています。

--------------------------------

優さんのように4週間でここまで成果がでると今後の自信にもなります。優さんは勉強だけでなく、現地の各国の学生とも交流したり、週末にはリゾート満喫もして、まさに充実した留学生活を送った成功例だと言えます。

英語力が伸びた成功例2:ビジネス英語コースに挑戦した理系大学生ジョンソンさん(ペンネーム)の例

Philinterビジネス英語コース体験記

都内の有名私立大の理系1年生のジョンソンさん(男性・ペンネーム)は、フィリンターというセブ島語学学校の奏で3年連続で最優秀賞を受賞した教育システムの整った学校に6週間留学しました。

もともとはTOEICスコアアップを狙ってのセブ島留学を検討していましたが、留学カウンセラーと話しているうちに、さらにその先の就活を見据えて、ビジネス英語コースに思い切って挑戦することにしました。

フィリンターのビジネス英語コースは、最終週に、自らのビジネスプランをステージで約20分間もプレゼンテーションするという課題に向けて、話し方、ロジカルな英語表現、発音など、英語コミュニケーションを多角的に勉強する本格的なコースです。

本人の現状の英語レベルとやる気、そして帰国後の活用場面を想定して、留学カウンセラーはジョンソンさんにビジネス英語コースをおすすめし、本人は見事に成果を出した事例です。

<帰国アンケートから> ---------------------------------

フィリンターは最高でした!帰りたくなくなるくらいの充実でした!
セブ島の語学学校にしたのは、とにかくTOEICの点数を伸ばしたくて、平均一か月で100点伸びるといううたい文句にひかれて決めました。
でも英語の基礎力はあると思ったので、今回は思い切ってビジネスビジネス英語コース6週間にチャレンジしました!

学校選びは指導力が高く、設備がしっかりしているところを重視しました。実際にフィリンターは寮がしっかりしていて、本当にご飯から設備までなにもかもよかったです。食事は本当においしくて、結局持って行ったカップ麺使わず、スタッフさんに渡しました。教室もきれいですし素晴らしかったです。

授業はビジネスコースなのもあって、全先生がスペシャリストで、自分は発言した文法や発音はすべて瞬時に直してくれるし最高に充実しました。

ビジネス英語コースは4週間でプレゼン、ホストミーティング・公式アナウンスとほかのコースと違い、いろんなアクティビティーがありました。特にプレゼンについては4週間で完全に仕上げ、20分の英語プレゼンテーションという過酷なメニューです。レベルについてはビジネスコースは鬼高いです!
先生は全員フレンドリーで、全クラスでスピーキング能力を上達できました。

学校周辺の環境は、みんなで集まれる安いバーがあり、お別れ会や交流会などいろんな人とお話できる機会があり、自然とみんな仲良くなりました。そして、セブンイレブンとモールが近くにたくさんあるので買い物やごはんは全く困らなかったです。
学生はコロナの影響で日本人が多かったですが、いろんなところからいろんな事情で来ているのでいろんなためになる話が聞けて良かったです。

会話力は最初の時よりも頭に日本語が出なくなりました。安いのに英語がここまで上達できる環境はすごいです。
またぜひ留学したいです!(2020年3月初旬帰国)

英語力が伸びた成功例3:留学した語学学校で月間最優秀賞のKanaさん・都内私立大2年生の例

CG Academy体験記

都内の最難関私立大学2年生のKanaさん(写真奥左から2人目)は、スコアよりも会話に重点をおいて、実績のある学校を探し、CGアカデミーのバニラッド校で4週間マンツーマンレッスンを多めに設定して成果を出しました。

料金や施設が問題ないことは、すでにベスト15校とのみ提携しているグローバルクリックを選んだ時点で信頼していたようで、あとは自分にあう環境と会話レッスンに実績のあるをしっかり選ぶことで結果につなげました。

直感で決めた部分もあるそうですが、それ以前に、実績校とのみ提携の信頼できる留学エージェントにしたことも学校選び成功の秘訣だっかたもしれませんね(笑^^)

<帰国アンケートから> ---------------------------------

春休みを利用してのセブ島の語学学校CG Academyのバニラッドキャンパスに4週間留学してきました!

今年は東京オリンピックがあるなど、今後もっと英語を使えるようになりたいと思い、短期間で成果がでると評判のセブ島語学学校の実績校として紹介いただいたCG Academyに留学しました。キャンパスの雰囲気など直感で決めたところもあります!

私の選んだコースは、Intensive ESLという一般コースよりもマンツーマン授業が少し多く1日8コマのうち5コマが1対1の授業でしたので、スピーキング強化にとてもよかったです。
4週間の滞在でしたが、200点満点のレベルテストで、最初96点だったのが147点までアップし、校内で最も伸びた学生として表彰していただきました!しっかり毎回の授業に取り組んだので短期間でも成果がでたと思います。

宿泊の寮は想像していたよりも綺麗で、食事はビュッフェで(慣れれば)おいしいです^^

学校のあるバニラッドはセブシティ中心部からのタクシーで10分圏内と近く、歩いて行ける大型モールもあるな便利な場所にあります。週末は自由時間なので、モールに行ったりビーチなど遠出もしてリラックスしました。

日本以外にも台湾や韓国からの学生と仲良くなって友達にとても恵まれた留学生活でした!

学校で少し気になった点があるとすると、ランドリーが完了して預けたものが帰って来るのが意外と日数がかかるときがあり、多めに服を持っていけばよかったと思います。また、自習時間に勉強できる参考書なども持っていくのもいいかと思いました。

セブ島は年間を通じて夏の気候ということもあり、2月中は新型コロナウイルスの心配もそれほどなく日本よりも安全だと思いました。

あっという間の4週間でしたが、英語力アップだけではく違う国の友達もできるなどとても有意義な留学となりました!(2020.3月初旬帰国)

 ---------------------------------

Kanaさんが選んだCGアカデミーのバニラッドキャンパスは、セブ市内からタクシーで10分ほどのバニラッドという地域にあり、落ち着いた学校環境とプール・バスケットコート・できたばかりのカフェなど施設も整った学校です。自分あった環境で、自分のめざす会話重視のコースにしたことで、より高い成果を出せた成功事例です。

SHARE
シェアする

ブログ一覧