INFORMATION NEWS/お得情報

HOME // NEWS/お得情報 // セブ島留学に行く方必見!必ず持っていくべきもの5選!

CATEGORY


ブログ

セブ島留学に行く方必見!必ず持っていくべきもの5選!



皆様こんにちは!スタッフのナミです(*^_^*)
今回はセブ島へ行く際に必ず持って行ってほしいものをリストアップしてみました!

私自身がセブ島へ行った際に持っていって正解だったものをご紹介します!

目次

持参してよかった!セブ島へ行く前に作成した実際の持ち物リスト

少々お恥ずかしいですがこちらが実際の私の持ち物リストです!
事前にネットである程度セブ島情報を調べた上で考えました。
一つ一つ詳しく説明していきたいところですが、そうすると長くなってしまうので・・・
なかでも特に役に立ったものや、持参しておいてよかったものをいくつか取り上げて紹介いたします。

① タンブラー
セブ島では水道水は飲めません。その代わり大体どこの語学学校にも
ウォーターサーバーが設置されています。生徒達はそれをいつでも利用できるので
お水は飲み放題!しかし、日本のフードコートのように紙コップが脇についている訳ではありません。
そのときに役立つのがこのタンブラーです。マグカップでもお水は飲めるのですが、
カバンに入れて持ち運ぶ際には蓋がついているタンブラーが最適です。
私は日本で使っていたスタバのタンブラーを持参しました!

② ボディーシート
セブ島は一年を通して最高気温28度から32度、最低気温22度から26度で
雨季、乾期はありますが基本的には一年中夏です!
それだけ暑いということで建物内はエアコンが効いていて涼しいのですが、
外は汗をかくほど暑いです(笑)イメージとしては、ちょっとお買い物に行くまでに歩くと
汗ばむような感じです。私の場合、日本でも夏暑くてベタベタするだけで集中力がなくなったり、気持ちに余裕がなくなったりしてしまうのでボディーシート持参してみました。
実際、持参したおかげで出先であってもさっと拭いてすっきりリフレッシュ!
ができていました。個人的にかなり役に立ったアイテムです。

③ 延長コード(タコ足配線)
そしてさりげなくもかなり役立ったのが延長コードです。語学学校の寮や旅先のホテルで
複数人部屋の時はタイミングが重なるとコンセント争奪戦になってしまいます。
特に女性の場合、ヘアドライヤーとヘアアイロン、携帯電話も充電・・・となると
コンセントはすぐに足りなくなってしまうのです(; ;)
そんなときでも延長コード(タコ足配線)があれば1つのコンセントに差し込むだけで
いくつも同時に使用できるのでとても便利でした!

④ 薬類
これに関しては、皆さんもちろん持参されると思いますが、私の場合薬類なかでも
ビオフェルミン(整腸剤)はかなり役に立ちました。
セブ島の語学学校内にあるミネラルウォーターや、販売されているものはすべて硬水という種類です。
一方、普段我々が日本で飲んでいるのは軟水で、それに慣れている日本人が硬水を飲むと一時的にお腹が緩くなることがあります。ちなみにこれは、水質が悪くて当たってしまったのではなく、硬水に含まれているカルシウムとマグネシウムが軟水よりも多いことが原因です。
セブ島到着した次の日ごろから早速お腹がぐるぐると・・・
持参していたビオフェルミンのおかげで事なきを得ました。
また、フィリピン料理は和食に比べると少々脂っこく味が濃いのが特徴でもあります。
そのため胃もたれしてしまうこともあり、その際には持参した胃薬を飲んでいました。
セブ島で薬を現地調達するよりも、日頃から慣れ親しんでいる薬の方が体に合っていると思うので日本であらかじめ購入してからくることをオススメします!

⑤ ティッシュペーパー
セブ島ではトイレにトイレットペーパーは基本的に備え付けられていません。
それを知らずにいつも通りトイレに入ってしまうと・・・大変なことになります(笑)
(私も一度ショッピングモールで忘れた際、隣にいた方に分けていただきました。)
語学学校の校舎にも備え付けられていないので、常にポケットにしまっておくと困らないと思います。
寮の部屋では最初に配布されたり、購入したりするので毎回持ち運ぶ必要はないです。
ティッシュペーパーは使用後トイレに流すので水に溶けるタイプのティッシュペーパーを持参することをオススメします。

持参してよかった!個人的に役立ったもの ~番外編~

ここでは必須アイテムではないけれども役立ったものをご紹介します!

① 青汁
セブ島では、お肉や果物に比べると野菜を食べる機会がどうしても減ってしまいます。
そんな時に助かったのが持参した粉末青汁です。
野菜を食べないとなんだか体がどんどん重たくなっていく気がして・・(笑)
私はタンブラーにウォーターサーバーの水を入れて粉末青汁を溶かしたものを
朝と晩の一日2回飲むようにしていました。実際に効果があるかどうかはともかく、
気分的にはとてもよかったです!

② ヘアオイル
先ほどもお伝えしたようにセブ島では硬水が使用されています。
そのためお風呂で出てくる水も硬水なので、普段軟水を利用している日本人は
髪の毛がごわついてしまうことがあります。
私も日本で毎日使っているシャンプーを持参したのですが正直明らかに洗い心地が異なりました!
キュキュッとするというか、髪の毛が固くなっている感じでした。
お風呂あがりに髪の毛を乾かす際ヘアオイルをつけてから乾かすと、
普段と変わらない仕上がりになったので、髪の毛をいたわりたい方は
ぜひお気に入りのヘアオイルを持参してみてください。
(現地のドラッグストアなどにも販売されていました!)

最後に。セブ島を満喫するためには準備万端でいこう!

「備えあれば患いなし」という言葉があるように、
もし何か気にかかることがあれば多めに持っていくことをお勧めします!
セブ島現地で調達できるものやそうでないものがあるので
事前に調べてわからなければ日本から持参しましょう!
皆様のセブ島語学留学、セブ島旅行が楽しいものになるように祈っております~。

SHARE
シェアする

ブログ一覧