INFORMATION NEWS/お得情報

HOME // NEWS/お得情報 // 【セブ島留学ブログ】現役大学生YUIのシピルス体験記!~生活環境編~

CATEGORY


セブ島現地情報 ブログ 体験者ブログ

【セブ島留学ブログ】現役大学生YUIのシピルス体験記!~生活環境編~



2019年9月にシピルスのIELTS4週間コースを終えて帰国した青山学院大学2年生のYUIさんがセブ島での留学生活を包み隠さず打ち明けます!

YUIさんは都内の有名私立大学に通う2年生で、弊社グローバルクリックのインターン生としても活躍してくれています。

では前編(生活環境編)後編(学習編)の二本立てでお送り致します。

まずは、生活環境編から参ります~。




 

目次

1.施設や生活面 

わたしは四人部屋に宿泊しました。生活感丸出しで申し訳ないです(^-^;...
一人ずつ大きなクローゼット、机とベッドが割り当てられます。広いのでスーツケースを入り口に広げても邪魔になりません。
シャワールーム(洗面所付き)、お手洗いも部屋についています!フィリピンあるあるなのですが、トイレにはトイレットペーパーは備え付けられていません。
スーパーやシピルス内のスナックバーで購入し、授業棟では持ち歩く必要があります。

シャワーはそんなに水流は強くありませんがちゃんと熱いお湯がでました!
浴槽がないので、お風呂が恋しくなりましたが、シャワーだと四人いてもタイミングが被ることがほぼないので、好きな時に浴びることができました。

ルームメイト

写真は同室で仲良くなった台湾人、日本人二人でセブ島のインスタ映えスポットへお出かけした時のものです。4人の国籍は私を含め日本人二人、ベトナム人、台湾人と外国人の生徒でした。
一緒に長い時間過ごすので、自然と仲良くなります!休日に一緒に観光地をまわったり、ショッピングモールでおすすめのものを教えてもらったり、部屋で恋バナをしたり、ベトナムのおやつをごちそうになったり、荷造りを手伝ってもらったり…
シャワー中にブレーカーが落ちて真っ暗の中キャーキャー言いながら直したりもありました!沢山の素敵な思い出ができ、今ではもう大好きで離れがたい友達です!

洗濯

シピルスのランドリーコーナーに洗濯物を預けると2、3日で洗濯して乾かして綺麗に畳んで返却してくれます。開いている時間は月~土曜日の7:30~10:50、11:30~14:00、17:30~19:00です。
預けるものは最低5点以上、男性は月曜、水曜、金曜、女性は火曜、木曜、土曜の開いている時間に預けることができます。
受け取るのは開いている時間ならいつでもOK、忘れずに預け証明書を持っていきましょう。
下着以外ならタオルから水着までなんでも洗濯してもらえます。
休日に海で遊んで汚れた水着や服を洗ってくれるのは平日に勉強に集中できるのですごくありがたいです!

校内のプール

9時30分に授業が終わった後に、校内プールで遊んでいる様子です。
プールはライトアップされていて椰子の木があって雰囲気抜群です。写真で見ていた時は入ることのできないオシャレなプールだと思っていましたが、とんでもない!大人も泳げる本格的なプールでした!
プールの底は片側が浅くなっていてだんだんと深くなっています。朝6:00から23:00までプールで遊んでOK!授業が早く終わる人がプールで戯れているのを横目に授業に向かったり…ビーチボールで遊ぶぐらいならいいですが、本気で泳ぎたいなら水中眼鏡はマストです!

カフェ

シピルス校内のオシャレなカフェです。

個人的にはいちばんの魅力はwifi が使えること!!!
一品以上の購入でパスワードが教えてもらえます。
パスワードは毎日変わるので、使いたい日ごとに購入する必要がありますが、シピルス内で一番早いと思います!

タピオカミルクティー90ペソ(約190円)!セブの物価から見ると高いらしいですが、日本のカフェと比べるとものすごく安いですよね。
カフェテリア内にビリヤードやボードゲームも置いてあります。お金をかけず手軽に友達と遊べるので、休日にビリヤードやジェンガで遊んでいる人も多くみかけました。わたしは休日遊びまわってましたが、テーブルも多いのでカフェで勉強するのもいいですね。

一角に喫煙ルームがあります。近くまで行ってみましたが、匂いが気になることはなかったです。
セブはタバコがめちゃくちゃ安いので、シピルス滞在中に初めて煙草にチャレンジした人がいるとかいないとか‥

警備員

24時間シピルスの入り口には警備員のお兄さんが立っています。
夜も見回りをしているので、無断外出にすごく厳しく、時間外だと絶対に出してくれません!親御さんも安心ですね笑 
厳格な警備員がシピルスの安全を守っています。でもルールを守って生活していれば優しい方なので外出の時にタクシーを捕まえてくれたり、タクシーの運ちゃんとの交渉を手伝ってくれたり、とても頼りになりますよ。
夜食パーティーの時には少しおしゃべりしたこともありました。

スナックバー

シピルス内にある売店です。お菓子、カップラーメン、文房具、トイレットペーパー、飲み物、アイスなど、日常生活で必要なものはだいたい揃っています。
ここでの購入はIDカードに入れたお金で払うので、現金を持ち歩く必要がないです。
最初から300ペソ(約630円)入っていて、わたしは何度か水とお菓子を買うだけだったので追加で入金しませんでした。
夜10時半まで空いていて無料wifiも飛んでいるし、クーラーも効いているので、授業後はたまにここのテーブルで友達と夜食やおやつを食べながらおしゃべりしていました。

食堂

毎日3食提供される食堂です。写真は授業後に友達と集まってお夜食を食べながらおしゃべりした時の写真です。
広いですが、夏休みの一番混む時期はさすがに昼食時に長い列ができていました。
そんな時はビュッフェの台を増やして対応するし、料理が足りなくなってもすぐ補充してくれます。20分もすると空いてくるので行列が嫌な人は時間をずらしていくといいでしょう。
わたしはお昼前の授業がマンツーマンだったのでそのまま一人で昼食を取りに行くことも多かったですが、隣に座った人と英語でお話しして友達が増えたので、混んでいるのも悪くないと思います。
ショッピングモールや屋台で食品を買ったはいいが、冷蔵庫もナイフもなくて食べにくいですよね。食堂の職員さんが忙しくない時に頼んでみると、冷蔵庫の片隅で保存してくれたり、果物をカットしてくれたりするかもしれません。
あくまで好意でやってくれているので、やってくれるかどうか保証できませんが、困った時は頼んでみることをお勧めします。

特にセブのマンゴーは安いのにめちゃくちゃ美味しいので、ぜひショッピングモールで買うことを強くお勧めします!

食事

シピルスでは3食とも広いカフェテリアでビュッフェ形式で提供されます。率直にいうとレストランでの高級な食事には劣るかもしれません。
ただ品数はとても多く、日本料理、韓国料理など祖国の料理を食べさせてあげようと努力していると思いました。
たとえば、わたしの滞在中は豆腐のお味噌汁や天ぷらが出ていました。フ
ィリピン人は甘い味付けを好むので、ケチャップかと思ったらジャムのような味だったり、白いご飯は出るけどタイ米で日本のご飯が恋しくなることもありました笑 でも特にフルーツや肉料理は日本で食べるよりも美味しくて食べ放題なのがとても嬉しかったです。
友人の中には味付けが合わないと感じる料理がある人もいましたが、どんなに味にうるさくても、何も食べられるものがないという人は全くいませんでした。日本の料理が恋しくなる人は日本のカップラーメンやインスタント味噌汁を持っていくといいと思いますよ。
わたしの周りで人気だったのがゆかりのふりかけです。白いご飯は毎食出るので一品でも食べ慣れたものがあると安心するのかもしれませんね。
食事の時間は朝食7:00~8:30、昼食11:30~12:50、夕食17:30~18:40でした。(2019年8月現在)
食事は平日、休日、祝日も出るのでシピルスでは金欠になっても勉強に支障はありませんね笑

ある日の朝食

朝食の主食は白いご飯、味付きご飯(チャーハンなど)、お粥、食パン、トースター、ジャム、シリアルが必ず出ます。漬物、キムチ、野菜のおかず、サラダ、卵料理、ソーセージ、汁物とバランスよく出され、どこの国の出身の生徒でも馴染みのあるものを朝食に出そうとする努力が伝わってきます。私はたまに出るホットケーキやリンゴのケーキが楽しみでした!

ある日の昼食・夕食

フライドチキン、ビーフの煮込み、フィッシュフライなどが毎食2種類出ます!
もちろん、野菜のおかずも様々なの料理法でたくさん出ますし、パイナップルやりんご、オレンジも美味しいです。パイナップルは特に人気でビュッフェに補充されてもすぐ空になってしまうほどでした!わたしもパイナップルは無限に食べられそうなくらい美味しかったです。お昼は授業が終わる時間が一緒なので、二つのコースに分けてずらしていても、鐘の直後は並びます。
でもすぐに料理は補充されるので遅い時間に行っても無くなっていたことはないのであんしんしてください。

ジム

ランニングマシーンやバイク、ダンベルやバーベル、専用のトレーニングマシンが一通り揃っている立派なジムです。月~金は6:00~8:00&16:00~24:00、土、日、祝日は10:00~16:00に利用することができます。(2019年8月現在)平日の21:40から無料でABS やボクササイズ、ズンバ、フィットネスのクラスを開講しています。
わたしの滞在期間は日替わりでボクササイズとヨガの教室に参加できました!
何度か行ってみましたが、結構しっかり動くので痩せることができそうです笑
一緒に汗を流すとたとえ言葉がうまく通じなくても、励ましあって、仲良くなりますよねー!

クリニック

看護士の方が常駐しています。
フィリピン人の方でしたが、すごく優しくて生徒の拙い英語も理解しようとしてくれます。どうしても英語で言えない時は、職員室の日本人スタッフかインターン生にたすけを求めましょう。
薬も出してくれますが、合わない場合もあるので、日本からのど飴、風邪薬、胃腸薬程度は持っていくことをおすすめします。週に一回のドクターの診察も無料で受けることができます。体調不良の場合は遠慮せず相談してみましょう。

2.周辺環境

ストリート

シピルスはダウンタウンの近くにあり、周辺を歩くと現地の人の生活を垣間見ることのできる場所にあります。もしかしたら日本との違いに驚くかもしれません。
屋台がたくさんあり、フルーツや食べ物がたくさん売られています。とても安く美味しそうですが、食べるのは自己責任で。水とかなにを使っているかわかりませんからね。
わたしはグリーンマンゴーを20ペソ(45円)で買いました。酸っぱくて美味しかったです。
道には野良犬と野良猫がとても多く驚きました。小さな猫は可愛らしいですが、野良犬が道を塞ぐようにしているとちょっと怖かったです。ただ危害を加えられることはありませんでした。飼われていたり、売られていたりする鶏は狙われないのかしら。商店街のそばでは道の脇の簡易的なベンチで寝ている人も多かったです。

最寄りのコンビ二

暗くてよくわからないですけど、セブのセブンイレブンです。シピルスから歩いて3分のところに皆さんお馴染みのあのセブンイレブンがあります。日本のセブンイレブンのように商品の品揃えも豊富です。
わたしは金曜の夜にお菓子を調達したり、下着を自分で洗うための洗濯石鹸を買いに行きました。
ちなみに洗濯石鹸は30円ほどでした!プラスチックのフォークやスプーンもここで購入し、友人とケーキを食べました。日本のコンビニのように何でもかんでも揃っているので便利です。

ローカルコンビニエンスストア

セブンイレブンからもう少し歩いたところにあるラッキーセブン!ローカルなコンビニエンスストアです。セブンイレブンよりは商品の数は少ないですが、セブンイレブンより更に安く感じました!
ラッキーセブン前にはテーブルと椅子があり、ここでシピルスの生徒が大勢酒盛りをしています。
わたしも2、3回のぞいてみましたが毎回大賑わいで、国籍に関わらずテーブルを囲んでおしゃべりしていました。シピルスの先生も飲みに来ることがあるそうです。
わたしはあまりお酒に慣れていなかったので長時間留まるつもりなく寄ってみました。そうしたら、シピルスで知り合った人にテーブルに誘われて、初対面の人とも自己紹介しておつまみの大袋のお菓子を一緒にご馳走になり、あれよあれよと言う間にシピルスの生徒とたくさん知り合いになりました。
お酒が好きな人はここのシピルスからすぐ近くでお酒を飲みながら、英会話を実践できてよかったと話していました!ここはシピルスからとても近く、シピルスの生徒が多く、酔いつぶれても誰かが運んでくれるかはわかりませんが、比較的安全に飲めます。(先生が介抱してくれたという話を友達から聞きました)友達が増えるので一度はのぞいてみることをお勧めします!

観光地の代表格!マゼランクロス

シピルスから歩いていける距離にある観光スポットです。マゼランが1521年3月15日にフィリピンのセブ島に到着した時に打ち込んだ十字架があるとされています。期待して行った割に、東屋の中に十字架がある。以上!って感じだったので周りのスポットも調べて行った方がいいと思います。
隣にサント・ニーニョ教会があり、広くて綺麗で立派な教会なのでこちらも是非入ってみてください!
セブ島って結構貧しいバラック小屋も沢山見かけるのですが、キリスト教が根付いているためか、教会はものすごく立派なものが多く、信仰の深さを感じさせます。

 サンペドロ要塞

サン・ペドロ要塞はフィリピン最古かつ最小の三角形の要塞で、スペイン統治時代、300年ほど前に建てられました。要塞とはいえ中はのどかな雰囲気の公園ですが、置いてある大砲が時代を感じさせます。隣に大きな公園があり、高くなっている要塞から見ると、あちこちでダンスの練習をしているグループがあり、活気がありました。

コロンストリート

セブのローカルなショッピングスポットです。地元の人に愛される、びっくりするほど格安なものがたくさん売られていますが、品質は保証できません笑 
シピルスの先生には危ないから高価な装飾品は絶対につけていくなと注意を受けましたが、友達と四人で昼間にいくぶんは怖い思いをすることはありませんでした。コロンストリートの東側のカルボンマーケットでは色とりどりの野菜や果物、衣服などなんでも売られていてワクワクします。行くときはどうか気をつけてくださいね!

セブ最大級の複合施設アヤラモール

シピルスから歩いて25分ほどのところにある広い庭を囲むような形のショッピングモールです。着いた初日の買い出しのためにみんなで行きます。これはその時に撮った写真です。
ここは日本か?!と思うくらい馴染みのあるチェーン店や日本料理のレストランもたくさん見かけます笑
ユニクロとかH &M、シェーキーズ、UCCとかね。ここで両替できます。カードで引き落とすより断然手数料が安いので、セブ島に行くときは現金を多目に持って行き、両替するようにしましょう!

セブのお店で行っておきたいのが、ジョリビーとBO'S COFFEE(ボス・コーヒー)!!

前者はセブでマクドナルドよりも人気のハンバーガーショップで本当にどこにでもあります。すごく安いです!ハンバーガーとポテトを食べましたが、小さかったけど、思ったより肉もポテトもちゃんとしていて美味しかったです。
ローカルな人の好みに合わせてスパゲッティも売っているので誰か試してみてください!
BO'S COFFEEはフィリピン産のコーヒーにこだわったコーヒーチェーンです。ここのチーズケーキとコーヒーの組み合わせが最高!是非一度は行ってみてください。特にマンゴーチーズケーキがおすすめです。

マッサージ

フィリピンでは人件費が安いからか、マッサージがびっくりするほど安いので毎日でも通いたくなってしまいます。この、NUAT THAI はセブ滞在中によく見かけるチェーン店で、安くてなかなかのクオリティなのでおすすめです。

3.校則

シピルスは様々な年齢、国籍の生徒が集まっています。
秩序を守るためにしっかりとした校則があります。
もし、違反すると、その違反の内容によってあらかじめ決められた点数が付けられます。
10点たまると退学です!悪質なルール違反は一発で退学です。
その場合、学費は返金されないので、気をつけてください。遅刻を何度かしたら退学かと、心配になりましたが大丈夫、救済措置があります。

ポイント制

即退学の重いルール違反から、軽度のルール違反まで点数が決められています。授業中に英語以外の言語を使用するなど、罰則には書いてあるけど、実質取り締まられていないものもありました。いくつかご紹介します。

10点即退学になる行為
・異性間の部屋の出入り
・ギャンブル、カジノ、ビキニバー、ゲイバー、マンゴースクエアへ行く
・校内への酒類の持ち込み、飲酒
・他者のIDカードの盗用や不正利用
・書類の改ざん

それ以外では、
・授業及び自習などの決められた時間に遅刻した場合 ➠1 点
・授業及び自習などの決められたスケジュールに欠席した場合 ➠2 点
・無断で外出及び外泊をした場合 ➠5点

故意でなくとも、道に迷ったり、タクシーを捕まえられなくて門限に間に合わなくなってしまった友達がいました。

6点で金曜外出禁止、8点で金曜、土曜外出禁止になりますのでくれぐれも気をつけてください。
即退学でない限り、点数を減らせる救済措置があります。わたしはいい子なので、実際に受けませんでしたが、決まった時間にパソコン室で映像をみて、感想を提出するそうです。

門限

日~木は21:00、金、土 祝日の前日など、次の日に授業がない日は24:00が門限です。高校生以下は、平日、週末、祝日を含め、 21:00 となります。
IELTSクラスでは毎日21時30分まで自習があったので21時門限の日は外出できませんでした。
次の日が休日ならホテルを予約して、外泊届を出せば、外泊することができます。
また、遠くの観光地に行くために、朝6時よりも早く出発する場合も外泊届を忘れずに出してください。
警備員のかたがシピルスの門に常駐していて、外出の時にIDカードを渡し、戻る時に返されます。
結構きびしくチェックしていて、コースや時間を確認されました。
一度身に覚えがないのに疑われた友達がいて、英語で身の潔白を証明するのを手伝った経験があります。
わたしの友達は朝6時に出たのに、彼女のIDカードが前日に外泊している生徒のカードの山と紛れてしまったんでしょう。戻った時に外泊届を出さずに外泊したんじゃないのかと疑われている場面に遭遇しました。ちゃんと話せばわかってくれます。
英語で自己主張する良い機会になりました笑

SHARE
シェアする

ブログ一覧